コラム

ダイアナ追悼イベントに、自身のプロジェクトをぶつけたメーガン夫人...英王子兄弟の「対立」は修復不能

2024年03月15日(金)17時05分
イベントでスピーチするメーガン妃

女性活躍に関するイベントに出席したメーガン妃(3月8日) Nuri Vallbona-Reuters

<ウィリアム皇太子がダイアナ・レガシー・アワードでスピーチする直前に、メーガン妃は豪華ライフスタイルブランドをローンチ>

[ロンドン発]英王室から離脱したヘンリー公爵(王位継承順位5位)とメーガン夫人は3月14日、デジタル世界で変革を起こしている人を称える全米黒人地位向上協会(NAACP)アーチェルウェル財団のデジタル公民権賞2024年受賞者を発表した。

受賞者は米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボを拠点に人工知能(AI)の人種・性差別的偏見を克服する研究に取り組むジョイ・ブオラムウィニ博士。顔認証ソフトで認識されなかった同博士は白マスクを着けると登録されたことをきっかけに、「アルゴリズム正義同盟」を立ち上げた。

メーガン夫人とヘンリー公爵は国際女性デーの3月8日、米テキサス州オースティンで開幕したテクノロジーと音楽・映画の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)」でブオラムウィニ博士に事前に受賞を伝える動画をX(旧ツイッター)に投稿した。

ブオラムウィニ博士は「AIの急速な普及に伴い、ゲートキーパーとして機能するアルゴリズムが社会から疎外されたコミュニティーの公民権を阻害しないようにすることは極めて重要だ。受賞はAIが社会に与える影響についての認識を高める活動を継続する助けとなる」と話した。

バーチャルでも同席を拒む兄弟

このニュースが底意地の悪い英大衆紙デーリー・メール(3月14日付)にかかると「タイミングは偶然ではない。メーガン、ダイアナ元皇太子妃追悼イベントでウィリアム皇太子がスピーチする数分前にジャムやキッチン用品を売る豪華ライフスタイルブランドを立ち上げる」となる。

「皇太子は14日夜、ロンドンの科学博物館で開かれたダイアナ・レガシー・アワードに弟のヘンリー公爵と一緒に参加。しかし米カリフォルニア州を拠点にする公爵夫妻は、皇太子がイベントに出席している間にデジタル公民権賞を発表する衝撃的な展開を見せた」

ヘンリー公爵はウィリアム皇太子がイベント会場を去った後、ビデオリンクで参加した。バーチャルでも2人は一緒にいるのが我慢ならない。ヘンリー公爵とメーガン妃の結婚、王室離脱、王室の人種的偏見告発、回想録の出版で兄弟の関係は完全に破綻した。

ライフスタイルブランド「アメリカン・リビエラ・オーチャード」はメーガン夫人が出演する動画配信大手ネットフリックスの料理番組が始まるのに合わせてローンチされる。皇太子のスピーチのほんの数分前、同ブランドの立ち上げがインスタグラムの動画で公開された。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、兵器級に近い濃縮ウラン増加 協議停滞=IA

ワールド

中国・万科が土地売却完了、取得時より3割弱低い価格

ワールド

中国・上海市、住宅の頭金比率引き下げ 購入規制を緩

ビジネス

インタビュー:赤字の中国事業「着実に利益を上げる形
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
特集:イラン大統領墜落死の衝撃
2024年6月 4日号(5/28発売)

強硬派・ライシ大統領の突然の死はイスラム神権政治と中東の戦争をこう変える

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 2

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 5

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 6

    汎用AIが特化型モデルを不要に=サム・アルトマン氏…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    台湾を威嚇する中国になぜかべったり、国民党は共産…

  • 9

    トランプ&米共和党、「捕まえて殺す」流儀への謎の執…

  • 10

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story