コラム

ドミニク・モイジが読み解くフランス大統領選「怒り」「怖れ」「ノスタルジー」3つのキーワード

2017年04月10日(月)06時00分

kimura170407-mg2.jpg
最近のフランスには希望も芽生えてきている、というモイジ Masato Kimura

現職大統領オランドが支持率4%という不人気のあまり大統領選への出馬を辞退し、歴代大統領・首相が次々と脱落するという例外的な状況が例外的な人を大統領選レースの先頭争いに押し出した。

モイジはマクロンに関する筆者の質問に答えて言う。「マクロンに対するフランスの感情は『希望』であり、ルペンという過激な変化に対する『現状維持』でもある。例えば、私の近所の人たちはマクロンを好きではないが、ルペンや左翼党(急進左派)のジャンリュック・メランションを警戒している」

「怒りと怖れを強調するルペンVS希望のマクロンという対立軸で見ると、最近、フランスのニュース雑誌が建設的な事例として(移民との共生に取り組む)スウェーデンとカナダを特集した。これはフランスにも(内向きのナショナリズムではなく、協調を志向する)希望が芽生えてきている証のように感じられた」

ナポレオンとファシスト

「マクロンはリベラル社会主義者で、国家は経済など大切な人間の活動に介入すべきではない、介入しなければ前向きな強い躍動が生まれてくると信じている。経済的には完全にリベラルだ。その一方で、社会的弱者には国家が介入して守る必要があると訴えている。マクロンの経済・社会政策はフランス経済を再生させる可能性がある」

マクロンは29歳の時、3人の子供を持つ24歳年上の高校時代の国語教師と結婚した。「マクロンは優秀なテクノクラートだが、彼のパーソナリティーはそれ以上の意味を持つ。マクロンの妻が『ジャンヌ・ダルクと暮らすのは簡単ではない』と話しているように、マクロンは母国フランスを窮地から救ったジャンヌ・ダルクのようにルペンからフランスを守るのが運命だと信じている」

ジャンヌ・ダルクやナポレオン1世のように母国を救う使命があるという強い信念がマクロンにはあるのだ。

kimura170407-mc.jpg
ロンドンで子供と挨拶を交わすマクロン(2月) Masato Kimura

一方、モイジは「ファシストの心を持った鉄の女」とルペンを表現した。ルペンはトランプやイタリアの「五つ星運動」指導者ベッペ・グリッロのようなポピュリストとは異なり、非常に抜け目のない有能でインテリジェントな政治家だと警戒する。モイジは「今回の大統領選はフランスだけでなく、欧州、そして民主主義の未来を大きく左右する。それだけに心配だ」と表情を曇らせた。

世界に対して門戸を開放し、自らのアイデンティティーに自信を持ち、未来に向かう親EUの楽観主義と、門戸を閉ざし、必要以上に自らの文化と伝統を強調しないと自信が持てず、ネガティブなナショナリズムを悪用する反EUの悲観主義が真正面から激突している。

モイジは「二度ある事は三度ある」というフランスの故事を引きながら言った。

「ある人はこう予言するかもしれない。イギリスのEU離脱、トランプ大統領に続いて、フランスではルペン大統領が誕生する、と。しかし、こういう見方もできる。極右政党の勝利を阻んだオーストリア大統領選、オランダ総選挙に続いて、マクロン大統領がルペンを阻止する」

悲観主義には理由がある。しかし楽観主義には意思の力が必要だ。フランスには今こそ未来を見据える意思の力が求められている。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

IMF、米成長見通しを下方修正=年次審査報告

ビジネス

米FRB、年内あと1回の利上げ理に適う=フィラデル

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!