コラム

なぜ朴槿恵の髪型は40年も変わらないのか

2017年03月09日(木)16時45分
なぜ朴槿恵の髪型は40年も変わらないのか

Charles Platiau-REUTERS

<韓国・朴槿恵大統領の弾劾可否は10日に言い渡される。40年間ほとんど変わらない彼女の髪型は、「朴槿恵」という人物を考えるうえで、象徴的な意味を持っていた>

「朴槿恵」という人物を考えるにおいて、以前から気になっていたことがある。それは髪型だ。彼女はあの髪型を約40年間、ほとんど変えていない。髪をアップにした上でボリュームを持たせた髪型で、日本同様、韓国でも決して今風の髪型ではない。

クラシックなこのヘアスタイルは保守政治家としてのイメージアップにもなるかもしれないが、政治家としてアクティブな印象が削がれる髪型でもある。

「セウォル号」転覆事故当日にも呼ばれた美容師

朴槿恵政権の黒幕による国政介入と関連し、弾劾の是非を決める憲法裁判所は、審判の結果を10日に言い渡すと発表した。弾劾妥当の判決が出れば、その場で大統領から罷免される。

実は大統領の資質として、この髪型に関する問題もクローズアップされている。

弾劾訴追では、2014年4月16日に起きた旅客船「セウォル号」の転覆事故に関する問題に焦点が当たった。300人以上の人が死亡および行方不明となった大事故が起きた当日、報告を受けた朴槿恵が7時間も後になって、ようやく事故対策本部に姿を現しているのだが、それまでの動向がはっきりしていない。緊急事態に大統領としての責務を全うしていたのかどうかについて問われただけでなく、その時間にボトックス注射などの美容施術を受けていたのではないかという驚くべき疑惑も生じ、青瓦台の関係医師らが国会の聴聞会で追及された。

現在、わかっているのは、その7時間に朴槿恵は執務スペースの本館ではなく生活スペースの官邸にいたこと、書面や電話で報告を受けたものの大臣や官僚と直接、会っていないこと、そして事故対策本部に行く前に美容師を呼んでいた、ということだった。

朴槿恵がこの髪型で世間に姿を現したのは1974年のこと。1974年8月15日、母・陸英修が暗殺され、フランスに留学中だった朴槿恵は急きょ帰国するのだが、そのまま父・朴正煕をサポートするファーストレディの役割を果たすようになる。この時、それまで肩までたらしていた髪の毛を、母親とまったく同じスタイルに結い上げて登場したのだ。

この髪型は韓国で通称「フカシモリ」と呼ばれている。「フカシ」とは日本語の「ふかす」が語源とされており、髪の毛をボリュームアップさせるために挟む毛たぼを「フカシ」と呼ぶこともある。「モリ」は頭という意味だ。

事故当日の午後に青瓦台に美容師が呼ばれ、その上、ヘアセットに90分かかったという報道がされると、青瓦台側は美容師を呼んだのは事実だが20分で済ませたと反論した。いずれにせよ緊急時にも美容師を呼ぶ必要のある、手間のかかる髪型であることは間違いない。人の命にかかわる一刻も争う事態の中で、美容師を呼んでいたという事実は国民の怒るを買うに十分だった。

政治家にはフットワークの軽さが求められるもの。誰が見ても手間と時間のかかる髪型は時に批判の的にもなっていた。

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はフリーランスのライター、翻訳者として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

ニュース速報

ビジネス

キリンHD、1―3月期は45%営業増益 会社計画を

ビジネス

ヤマト、基本運賃を最大180円値上げ 今期取扱量8

ワールド

インタビュー:トランプ氏、北朝鮮と「大きな紛争」の

ビジネス

東電、16年度は経常利益2276億円 4年連続黒字

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 2

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくすぶる核攻撃の火種

  • 3

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環球時報を読み解く

  • 4

    北朝鮮危機のさなか、米空軍がICBM発射実験

  • 5

    北朝鮮の脅威増大、必要あれば空母から2時間で攻撃=…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 8

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 9

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 10

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

  • 10

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!