コラム

資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すVALUが市場概念を覆す

2017年07月04日(火)11時38分

一方で、著名人がただお金を集めることだけを目的に自身を上場し、あとはほったらかしにして批判されるというケースも出てくるだろうし、著名人を名乗った詐欺や、上場した個人どうしがお互いに株価をつり上げるなど、不正行為が発生する可能性も否定できない。

一連の仕組みに対して嫌悪感を示す人が多いことは容易に想像できることであり、このサービスが本格的に普及してきた場合、かなりの議論を呼ぶことは間違いないだろう。

しかしながら、従来、大きな仕掛けが必要だった資本市場の運営という業務も、ITを活用することでいとも簡単にできてしまうという現実について、わたしたちは認識しておく必要がある。

資本主義社会において、集中管理された取引市場が存在していたのは、技術的な制約上、そのような仕組みがなければ、市場運営ができなかったからである。金融商品の定義(収益が期待できるなど)についても、こうした物理的な仕組みに強く依存していた可能性が高いのだ。

テクノロジーの進歩で、多対多(いわゆるCtoC)の市場運営が低コストで可能となれば、従来とは異なる概念の資本取引が発生する余地は十分にある。個人の人気を金銭化するVALUの登場は、こうした新しい資本主義のひとつの方向性を示しているのかもしれない。

【参考記事】EU離脱なら失業と新自由主義がやってくる

プロフィール

加谷珪一

評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

正午のドルは112円前半、株高には反応薄で軟調

ワールド

北朝鮮は休戦協定違反、韓国亡命の兵士巡り=国連軍司

ワールド

NAFTA再交渉、自動車など重要項目で溝埋まらず

ビジネス

米インフレは回復へ、ただし「非常に不確か」=イエレ

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣の裏側

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 8

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!