コラム

高度成長期って何? バブル世代も低成長時代しか知らない

2016年03月15日(火)15時41分
高度成長期って何? バブル世代も低成長時代しか知らない

中高年社員と若手社員との世代間ギャップがよく話題になるが、実はバブル世代の上司もゆとり世代の若者たちと同じような経験をし、同じような価値観を持っている。誤ったイメージが蔓延するのはなぜなのか Nicolas McComber-iStock.


〔ここに注目〕GDP成長率の推移

 ビジネス誌を眺めてみると、中高年社員と若手社員との世代間ギャップに関する記事を多く目にする。中高年社員が、最近の若手社員は仕事に対する情熱に欠けていると失望する一方、若手は若手で、上司が古い価値観を押し付けてくると迷惑顔だ。こうした世代間ギャップは、いつの時代にも共通する出来事なのだが、よく観察すると興味深い事実が浮かび上がってくる。

バブル世代の社員は今の若手社員にそっくり

 あるビジネス誌の記事では、「ゆとり世代」あるいは「さとり世代」とも称される今の若者について、識者の発言を引用する形で「(今の時代は)高度経済成長期のように働く動機が湧きづらい傾向にある」と分析していた。中高年世代は「高度成長期」を謳歌した世代であり、右肩上がりの成長が当然という意識を持っている。これが若手との世代間ギャップの主な要因になっているというのは、社会の共通認識となっているようである。

【参考記事】「団塊、団塊ジュニア、ゆとり」 3世代それぞれの人生の軌跡

 では、ここで問題。以下は、ある若手社員の発言なのだが、いつの時代の発言だと思われるだろうか?

「(上司たちは)夜9時、10時まで会社にいる。まるで労働基準法のない世界ですよ」
「(上司たちは)「昔は親兄弟からも契約を集めてノルマを達成した」と説教ばかりする」
「(仕事のせいで)子供にも会えないというのはおかしいと思う」

 これは今からちょうど30年前、バブル経済がピークに向かい始める1986年に朝日新聞に掲載された新社会人に関する記事からの引用である。発言の前後を読まなければ、今の若者の主張とそっくりである。同じ記事で、ある中高年社員は、飲み会の席で上司や先輩に遠慮しない若手に対して「礼儀を知らない」と苦言を呈している。当時の中高年にとって彼等はまったく理解できない存在であり「新人類」などと呼ばれていた。

 上の世代から「常識がない」「プライベートばかり優先する」と批判されていた新人類たちも、今では50歳前後となっており、そのまま会社勤めをしていれば、まさに中高年社員として若手社員との世代間ギャップに悩んでいるはずである。

【参考記事】日本の「世代間対立」に出口はあるのか?

 バブル期のビジネス誌を見ると「高度成長期のような精神論だけでは最近の若者はついてこない」といった記述が数多く見られ、今とまったく同じ世代間ギャップが存在していたことをうかがわせる。当時の若手社員も今と同様「高度成長期」を過ごしてきた中高年世代の精神論が受け入れられなかったのである。こうした状況は統計データからも読み取ることが可能だ。

 日本生産性本部と日本経済青年協議会の調査によると、2015年に入社した新社会人の中で「人並みに働けば十分」と回答した人は53.5%と過去最高水準だった。この結果だけを見ると、最近の若者は「ゆとり世代」だという話になりがちだが、過去の調査結果を見るとそうでもない。

 バブル末期である1990年にも、やはり人並みに働けば十分との回答が50%を超え、過去最高水準を記録していた。つまりバブル期に入社し、現在、管理職となっている中高年社員は、新入社員当時、今の若手社員とまったく同じ感覚を持っており、仕事よりもプライベートを重視したいと考えていた。「高度成長期」を振りかざす上の世代との価値観の違いに悩んでいたのである。

プロフィール

加谷珪一

評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

EU離脱決定受け入れるべき、交渉時期は英国が判断=

ビジネス

英ポンドが31年ぶり安値、EU離脱決定の影響不安で

ビジネス

ブレグジット決定、金融危機再来の兆候なく=米財務長

ワールド

英次期首相9月2日までに決定を、保守党委員会が提言

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  4. 4

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  9. 9

    安倍首相、消費増税再延期へ、サミットで経済状況リーマン級の危機と各国に説明

    財政出動への支持取り付けと消費増税延期への地な…

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  7. 7

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  8. 8

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  9. 9

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう