コラム

国際政治の読み解き方 細谷雄一

北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

<緊張が高まる朝鮮半島情勢。トランプ政権の政策はまさに「力による平和」のアプローチである。その戦略、狙いとは?> 今年の1月20日にアメリカ

2017.04.15

「最も巨大な国益の損失」を選択したイギリス

<EU離脱通知を行ったメイ首相だが、離脱をスムーズかつ双方の利益になるように進めたいと考えているのはイギリスだけ。EU側にそのような意図はあ

2017.04.03

ドナルド・トランプとアメリカ政治の隘路

<アメリカの理念が死んで、トランプが勝利した。1980年代に新自由主義の代償として生じた社会の分断。あと必要なのは、低所得層や貧困層の怒りの

2016.11.10

東アジアにおける戦略関係の転換期

<フィリピンのドゥテルテ大統領が「アメリカは出て行け」と言い、アメリカのトランプ大統領候補が「アジア防衛は無駄だ」と言う。これにより、アジア

2016.09.15

イギリスは第2のオーストリアになるのか

<第一次大戦により、オーストリア帝国は国家解体に至ったが、その指導者達は国が解体するとは夢にも思っていなかったはずだ。100年が過ぎた今、ナ

2016.06.27

安保法施行で日本は「専守防衛を転換」したのか

 2016年3月29日、昨年の9月に国会で採択された安保関連法(「平和安全法制整備法」と「国際平和支援法」の2本の法律により構成される)が施

2016.03.29

「対話と交渉」のみで北朝鮮のミサイル発射は止められるのか

 新年早々の1月7日に、アメリカのシンクタンクのジャーマン・マーシャル・ファンド(GMF)上席研究員のダニエル・トワイニングは、「アンハッピ

2016.02.12

安保法案成立後の理性的な議論のために

■民主主義の新しいかたち  国会のまわりでは、大変なデモが行われています。安保関連法案に私は賛成の立場ですから、それらの人々とは立場は異なり

2015.09.18

安保法制論争を「脱神話化」する

■魔女狩りの世界へ?  2015年8月30日に、安保関連法案の廃案を求める大規模なデモが国会周辺で行われた。安保関連法案を批判する人々の熱情

2015.09.14

戦後70年談話報告書に学ぶ平和主義の歩み

 2015年8月6日の午後、戦後70年談話に関する有識者会議「21世紀構想懇談会」の座長である西室泰三日本郵政社長と、座長代理である北岡伸一

2015.08.07

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 8

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 9

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 7

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 8

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 9

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 10

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!