ニュース速報

ワールド

米上院共和党、新たなオバマケア改廃案公表 民主などは対抗案支持

2017年09月14日(木)10時36分

 9月13日、米与党共和党の上院議員らは、トランプ大統領の重要公約である医療保険制度改革(オバマケア)改廃への「最後のチャンス」として州政府に医療保険の権限を与えることを柱とする案を提示した。写真は演説を行うバーニー・サンダース議員。ワシントンで撮影(2017年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米与党共和党の上院議員らは13日、トランプ大統領の重要公約である医療保険制度改革(オバマケア)改廃への「最後のチャンス」として州政府に医療保険の権限を与えることを柱とする案を提示した。一方、上院の主要リベラル派は国民皆保険制度を提唱した。

ただ、両案とも議会で成立する可能性は低いとみられており、オバマケアを維持したうえで医療保障を拡充する措置に落ち着く可能性もある。

国民皆保険制度は無所属のバーニー・サンダース議員が提案し、民主党議員16人が共同提案者となった。サンダース議員はこの日会合を開き、メディケア(高齢者向け公的医療保険)の対象を国民全員に拡大する案を示した。

同議員は「米国民は、機能不全の医療保険制度をわれわれがどのように修正するかに注目している。現行制度は1人当たりのコストが他国の2倍である上、2800万人が保険未加入、それより多くの人の医療保障が不十分となっている」と強調した。

これとは別に、共和党の上院議員らも会合も開き、オバマケア改廃の「最後のチャンス」として、州政府に包括的補助金の形で資金を提供し、独自の医療保険制度の運営を任せる代替法案を公表した。

オバマケア改廃法案の可決に上院の過半数を必要とする現行の手続きは9月末が期限とされており、10月以降は上院で審議するほとんどの法案と同様に5分の3以上の賛成が必要となる。

共和党案の作成者の1人であるリンゼー・グラム議員は、これまでのオバマケア廃止への取り組みは失敗に終わったが、諦めるつもりはないと述べた。法案はビル・カシディ議員とともに策定した。

共和党は改廃への取り組みを続けてきたが、オバマケアの一部を廃止する法案は7月、定員100人の上院で賛成票が49にとどまり、否決されている。

この日提示された2つの代替案のほかにも、上院保健教育労働年金委員会ではオバマケアを廃止することなく修正するための超党派の取り組みが進められている。具体的には、同制度による保険料の値下げ分を埋め合わせるための保険会社への補助金を維持する内容となっている。

共和党のマコネル上院院内総務は今週、グラム氏らによる法案や超党派の取り組みについてコメントを控え、先行きは見通せていないと述べた。サンダース氏の提案については採決を行わないとみられる。

トランプ大統領はグラム氏らによる提案を称賛。上院議員らが「オバマケア危機への対応策を見いだせた」と期待していると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の「ロケット米全土到達」警告に反発、米朝が非

ワールド

米大統領、北朝鮮外相の演説受け「彼らの先は長くない

ワールド

イラン、新型ミサイル実験に成功と発表 米大統領は非

ビジネス

アングル:電気自動車「天国」に続く補助金の道

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 4

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 9

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!