ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(3日)

2018年01月04日(木)05時56分

[3日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。最近つけた過去最高値に迫る水準にある。原油価格が2年半ぶりの高値をつけ、石油銘柄が買われた。またドルが対ポンドで高値に持ち直したことで、ドルで収益を上げる国際的な企業の株価が上がった。

石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPは1.5%と1.3%それぞれ上昇し、FT100種の最大の押し上げ要因となった。

衣料小売り大手ネクストは6.7%値を上げた。クリスマス時期の売り上げが市場予想を上回ったことが好感された。好調な売り上げを受けネクストは通期の利益見通しを引き上げた。

<欧州株式市場> 反発して取引を終えた。ドル高/ユーロ安に伴い輸出銘柄が買われたほか、米国株式市場でS&P500とナスダック指数が前日に最高値を更新したことで買い意欲が強まった。

米国の製造業景気指数や建設支出が好調だったことでドルが値を上げた。ドルで収益を上げる銘柄が多いドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は0.83%上昇、フランスのCAC40指数<.FCHI>は0.81%上昇した。

STOXX欧州600種石油・ガス株指数<.SXEP>は前日に続き値を上げ、1.12%上昇。石油輸出国機構(OPEC)の加盟国であるイランで反政府デモが続く中、原油価格が2年半ぶりの高値をつけたことが背景にある。

この日は、新たな金融規制である第2次金融商品市場指令(MiFID2)が施行したが、取引高は前日よりもやや増えた。

<ユーロ圏債券> 国債利回りが小幅低下。欧州連合(EU)の金融資本市場に対する包括的な新規則「第2次金融商品市場指令(MiFID2)」がこの日施行された。

ドイツ10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)低下し0.44%。クーレECB専務理事のコメントを受け、前日は2カ月ぶりの水準に上昇していた。国債利回りは当初、前日の高水準近辺で推移していたが、ドイツで大量の債券償還が行われたことで利回りは低下したとみられる。

この日から始まったMiFID2は、銀行や資産運用会社、トレーダーに詳細な取引データ報告を義務付け、株式、債券、コモディティー、デリバティブ市場の動向を明瞭化する目的で導入された。取引の透明性を高めつつ、投資家保護を強化することで、2007─09年の世界金融危機で得た教訓を生かす狙いがある。市場では規制の影響を見極めるため、当面は大規模な取引が手控えられるのではとの見方もある。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!