ニュース速報

ビジネス

中国、金融リスク管理で人民銀の役割拡大へ=国営テレビ

2017年07月17日(月)12時47分

 4月15日、中国の習近平国家主席は、中国全国金融工作会議で、国内金融市場のシステミックリスクを管理する中国人民銀行(中央銀行)の役割を拡大する方針を明らかにした。写真は中国人民銀行、2013年6月北京で撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

[北京/上海 16日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、中国全国金融工作会議で、国内金融市場のシステミックリスクを管理する中国人民銀行(中央銀行)の役割を拡大する方針を明らかにした。

国営テレビの中国中央電視台(CCTV)が15日、伝えた。

国務院(内閣に相当)の管轄下に金融安定委員会を設置し、金融リスクを管理する人民銀行の役割を拡大、規制当局間の結束を強化するという。

習主席は、会議で「われわれは、人民銀行のマクロプルーデンス管理とシステミックリスク回避の役割を強化する」と発言。規制当局の説明責任や当局に対する監督も強化するとした。また、金融セクターにおける中国共産党のリーダーシップを強化すると付け加えた。

金融安定委員会の詳細や、人民銀行の役割がどのように強化されるのかについては明らかにされていない。

同会議では人民銀行が金融リスク管理で、国内主要規制当局である銀行業監督管理委員会(銀監会)、証券監督管理委員会(CSRC)、保険監督管理委員会(保監会)との連携をいかに改善できるかが焦点になるとみられていた。

投資家らは金融システムの異なる分野を監督する規制当局を統合して1つの大きな監督機関を設立する案を支持しているが、そうした体制改革が近く行われる兆しはないようだ。

習主席はまた、国内経済におけるデレバレッジを推し進めると指摘。国有企業の債務比率を引き下げることが最も差し迫った課題だと述べた。

さらに、新規の地方政府債務を厳格に管理するほか、インターネット金融の監視も強化するとした。

会議には李克強首相も出席し、穏健な金融政策を維持し、流動性を基本的に安定させつつ適切なクレジットの伸びを実現すると表明した。

上海の投資助言会社、Kaiyuan Capitalのマネジングディレクター、ブロック・シルバーズ氏は「システミックリスクを軽減しようという中国の計画は称賛に値する一方で、中国共産党第19回全国代表大会を控えたポーズの側面も大きい。規制当局は具体的な措置を公表しておらず、党大会前に公表することもおそらくないだろう。しばらくは一元化された規制当局の創設といった大きな変化はないのではないか」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!