ニュース速報

ビジネス

日経平均は続伸、G20前で様子見ムード

2016年02月26日(金)15時38分

 2月26日、東京株式市場で日経平均は続伸。米株高や円安進行を好感し、取引時間中で2月9日以来、約2週間半ぶりの高値を付けた。写真は株価ボードを見る男性。都内で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] -

東京株式市場で日経平均は続伸。米株高や円安進行を好感し、取引時間中で2月9日以来、約2週間半ぶりの高値を付けた。ただ上値を買い進む材料は乏しく、大引けにかけて上げ幅を縮小。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、様子見ムードが強かった。

前日の米ダウ<.DJI>が200ドルを超す上昇となったほか、寄り前に1ドル113円台を回復したドル/円など外部環境の好転を受け、東京市場では序盤から幅広い銘柄に買いが先行。日経平均は一時332円高となり、節目の1万6500円に迫る場面があった。

ただ、その後は上値の重い展開。小売や食料品など内需株に加え、村田<6981.T>や日立<6501.T>などハイテク関連の一角が堅調さを維持したが、トヨタ<7203.T>やみずほ<8411.T>、三菱商事<8058.T>などは買い先行後に下げに転じた。

大和証券・上席ストラテジストの高橋卓也氏は「日中に手掛かり材料が乏しいうえ、G20というイベントを前にポジションを傾けにくい」といい、投資家は様子見姿勢を強めていると指摘した。

東証1部の売買代金は2兆1117億円と、2月22日の2兆0581億円に次ぐ、今年2番目の低水準だった。

個別銘柄では、十八銀行<8396.T>が急上昇。26日、ふくおかフィナンシャルグループ<8354.T>と経営統合について協議・検討を進めていくことで基本合意したと発表。統合効果に対する期待感が広がった。地銀の再編期待の高まりから佐賀銀行<8395.T>や大分銀行<8392.T>、宮崎銀行<8393.T>なども堅調だった。

半面、シャープ<6753.T>が連日の大幅安。前日に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>による買収案の受け入れを決定したが、これまで明らかにされていなかったシャープの偶発債務の存在が判明したとして、鴻海は買収契約の調印を保留。経営再建の先行きに不透明感が強まり、嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり1002銘柄に対し、値下がりが830銘柄、変わらずが109銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16188.41 +48.07

寄り付き    16311.52

安値/高値   16188.41─16472.5

TOPIX<.TOPX>

終値       1311.27 +3.73

寄り付き     1320.14

安値/高値    1310.64─1330.23

東証出来高(万株) 216312

東証売買代金(億円) 21117

(杉山容俊)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米FRB議長「利上げ論拠強まった」、9月の可能性も

ビジネス

米国株はまちまち、FRB当局者の発言受け不安定な値

ビジネス

ドル102円に迫る、FRB正副議長発言で年内利上げ

ワールド

クリントン氏のリード縮小、トランプ氏に5ポイント差

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 3

    誘拐事件を繰り返し裕福な生活をしていた、アルゼンチン家族の闇

  • 4

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    アメリカ海軍、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃 2日連続で異常接近

  • 7

    プーチン謎の娘婿がロシア富豪番付で4位に浮上

  • 8

    フランス警官、イスラム女性にブルキニを「脱げ」

  • 9

    華々しい杭州G20のウラで中国人の暮らしが破壊されている

  • 10

    ボリビア鉱山労働者ら暴徒化、交渉担当の内務次官を撲殺

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!