ニュース速報

ビジネス

日経平均は続伸、G20前で様子見ムード

2016年02月26日(金)15時38分

 2月26日、東京株式市場で日経平均は続伸。米株高や円安進行を好感し、取引時間中で2月9日以来、約2週間半ぶりの高値を付けた。写真は株価ボードを見る男性。都内で撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 26日 ロイター] -

東京株式市場で日経平均は続伸。米株高や円安進行を好感し、取引時間中で2月9日以来、約2週間半ぶりの高値を付けた。ただ上値を買い進む材料は乏しく、大引けにかけて上げ幅を縮小。20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、様子見ムードが強かった。

前日の米ダウ<.DJI>が200ドルを超す上昇となったほか、寄り前に1ドル113円台を回復したドル/円など外部環境の好転を受け、東京市場では序盤から幅広い銘柄に買いが先行。日経平均は一時332円高となり、節目の1万6500円に迫る場面があった。

ただ、その後は上値の重い展開。小売や食料品など内需株に加え、村田<6981.T>や日立<6501.T>などハイテク関連の一角が堅調さを維持したが、トヨタ<7203.T>やみずほ<8411.T>、三菱商事<8058.T>などは買い先行後に下げに転じた。

大和証券・上席ストラテジストの高橋卓也氏は「日中に手掛かり材料が乏しいうえ、G20というイベントを前にポジションを傾けにくい」といい、投資家は様子見姿勢を強めていると指摘した。

東証1部の売買代金は2兆1117億円と、2月22日の2兆0581億円に次ぐ、今年2番目の低水準だった。

個別銘柄では、十八銀行<8396.T>が急上昇。26日、ふくおかフィナンシャルグループ<8354.T>と経営統合について協議・検討を進めていくことで基本合意したと発表。統合効果に対する期待感が広がった。地銀の再編期待の高まりから佐賀銀行<8395.T>や大分銀行<8392.T>、宮崎銀行<8393.T>なども堅調だった。

半面、シャープ<6753.T>が連日の大幅安。前日に台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>による買収案の受け入れを決定したが、これまで明らかにされていなかったシャープの偶発債務の存在が判明したとして、鴻海は買収契約の調印を保留。経営再建の先行きに不透明感が強まり、嫌気された。

東証1部騰落数は、値上がり1002銘柄に対し、値下がりが830銘柄、変わらずが109銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      16188.41 +48.07

寄り付き    16311.52

安値/高値   16188.41─16472.5

TOPIX<.TOPX>

終値       1311.27 +3.73

寄り付き     1320.14

安値/高値    1310.64─1330.23

東証出来高(万株) 216312

東証売買代金(億円) 21117

(杉山容俊)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ペンス米副大統領が来週中東訪問、アラブ諸国との関係

ビジネス

金融庁、店頭FXの決済リスクで有識者会議 証拠金倍

ビジネス

統合反対の創業家、出光興産株を買い増し

ワールド

トルコ大統領、東エルサレムでの大使館開設の意向表明

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!