ニュース速報

ビジネス

ドル116円台に続落、米指標弱く=NY市場

2016年02月05日(金)07時21分

 2月4日、終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロに対して大幅に下落した。2014年10月撮影(2016年 ロイター/Philippe Wojazer)

[ニューヨーク 4日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが円やユーロに対して大幅に下落した。前日のニューヨーク連銀のダドリー総裁によるハト派的発言や最近の弱い米経済指標で、米連邦準備理事会(FRB)の今年の利上げについて懐疑的な見方が広がっている。この日発表された12月の米製造業新規受注も1年ぶりの大幅マイナスとなり、ドル売りが継続した。

ドル/円は1%超下げ、約2週間ぶり安値の116.525円に下落。ユーロ/ドルも1%以上値を上げ、15週間ぶりとなる1.1239ドルの高値を付けた。

またドル/スイスフランは、約3週間半ぶり安値の0.9921スイスフランまで売られ、これも1%超の下げだった。

その結果ドルの主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、約15週間ぶり安値の96.259に下落。1日の下げ幅としては2カ月間で最大となった。

今年の市場はおおむねFRBの金融引き締めと、欧州中銀(ECB)や日銀の追加緩和の見通しのもとドル高のシナリオで始まったが、クレディ・スイス(ニューヨーク)でFX戦略部門のグローバル責任者を務めるシャハブ・ジャリヌース氏はそれについて「修正を迫られている」と指摘する。

投機筋はドルの持ち高を減らしている。米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組をもとに、ロイターが試算したドルの買い持ち額は1月26日終了週で238億5000万ドルとなり、5週連続で減少した。

またCMEフェッドウォッチによると、フェデラルファンド(FF)金利先物市場でのFRBの3月利上げ織り込み度はわずか10%で、年内の利上げ織り込み度も41%となっている。昨年12月には、FRB当局者は今年4回の利上げを行うとの見通しを示していた。

市場は5日発表の1月の米雇用統計に注目している。「市場は弱い数字を望んでいるわけではなく、それに耐える余裕もない」とみるTJMブローカレジ(シカゴ)の外為共同責任者・リチャード・スカローン氏は、数字が悪ければユーロ/ドルは1.14ドルに向かうとの見通しを示した。

ドル/円 NY時間終値 116.68/116.73

前営業日終値 117.85

ユーロ/ドル NY時間終値 1.1207/1.1211

前営業日終値 1.1101

*内容を追加しました

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反発、1万9500円台回復 米

ビジネス

アングル:ECBの出口政策、テーパータントラム再燃

ワールド

相互に核の脅威と非難、軍縮会議で米朝応酬

ワールド

米、1100万ドル没収求め北朝鮮関連企業提訴 資金

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    北朝鮮問題の背後で進むイラン核合意破棄

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    バノン抜きのトランプ政権はどこに向かう?

  • 10

    有事想定の米韓軍事演習、北朝鮮「暗殺陰謀」と反発

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 7

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 8

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 9

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 10

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!