ニュース速報

ビジネス

S&P500種企業、第2四半期まで減益へ=トムソン・ロイター

2016年01月22日(金)18時06分

 1月22日、トムソン・ロイター・プロプライエタリー・リサーチによると、S&P総合500種指数採用銘柄の利益は、少なくとも今年第2・四半期まで前年比での減少が続く見通しだ。写真はニューヨークで2014年3月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - トムソン・ロイター・プロプライエタリー・リサーチによると、S&P総合500種指数採用銘柄の利益は、少なくとも今年第2・四半期まで前年比での減少が続く見通しだ。エネルギー、原材料、金融、ハイテクセクターの見通しが急速に悪化していることが背景。

第2・四半期まで減益が続けば3四半期連続でのマイナスと、いわゆる「グレート・リセッション(大不況)」以来の長期間となる。

米株式のバリュエーションは低下しているものの、これは株価の下落ペースが利益見通しの減少ペースを上回っているためだ。

S&P500種の予想PER(株価収益率)は14.9倍と、2013年第1・四半期以来の低水準。過去最高だった5月の17.4倍を大きく下回っている。現在のPERは長期平均の約15倍を小幅ながら下回る水準だが、企業利益見通しが安定化するまで割安とは呼べない状態だ。

昨年第4・四半期のS&P500種採用企業の利益は前年比で4.5%減、売上高は3.5%減と予想されている。トムソン・ロイターのデータによると、第3・四半期の利益は同0.8%減だった。

今年第1・四半期の利益予想は前週、当初の前年比0.8%増からマイナスに転じ、0.4%減となった。

ボストン・プライベート・ウェルス(ニューヨーク)のチーフ市場ストラテジスト、ロバート・パブリク氏は「今年の利益予想の一部をみれば、第1―2・四半期は増益があまり期待できないことが分かるだろう」と表明。今年後半には大幅増益が見込まれているものの、「状況が大きく好転しない限り、成績を上げるのは極めて難しいと考える」とした。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ウクライナ中銀、新たなサイバー攻撃の可能性を各銀行

ワールド

仏大統領、9月7─8日にギリシャ訪問

ワールド

豪地域開発相、二重国籍保有と発表 議員で6人目

ビジネス

焦点:米デフォルトリスク、トランプ政権の混乱で「正

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 10

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!