コラム

ソフトバンクは「裏オークション」で最大の携帯キャリアになった

2012年10月05日(金)17時00分

 10月1日、ソフトバンクはイー・アクセスを買収して100%子会社にすると発表した。イー・アクセスについては、かねてからLTE(次世代携帯電話)のインフラ投資の資金が不足していると噂され、携帯各社が争奪戦を繰り広げていた。この中でソフトバンクがイー・アクセスの株式を1株5万2000円という高値で買収する株式交換を提案し、競り勝ったのだ。

 企業買収で市場より高い価格をつけることはよくあるが、買収総額は1802億円と直前の市場価格の3.5倍である。ソフトバンクの孫正義社長は、記者会見で「統合で相乗効果3600億円が見込める」などと語ったが、その最大のメリットは「基地局数でも電波を受けるエリアの広さでも競合他社を上回る」ことだと述べた。要するに業績不振のイー・アクセスを買ったのではなく、割り当てられた電波を買ったのだ。

 ソフトバンクの電波は条件が悪いので、利用者から「つながりにくい」という苦情が出ているが、今回の買収でイー・アクセスのもつ1.7GHz帯の周波数をiPhone5で使うことができるようになる。ソフトバンクは先ごろ、iPhone5を無線LANの基地局として使う「テザリング」を認めると発表したが、孫氏は「この瞬間にイー・アクセスを買う腹をくくった」という。

 この話は奇妙である。日本は主要国の中で、電波を通信キャリアの競売で割り当てる周波数オークションを実施していない唯一の国だ。「公共の電波を売買することは好ましくない」という理由で、政府が「美人投票」と呼ばれる書類審査で決めてきた。このような裁量行政は不透明で不公正なので、私を含めて多くの専門家が、LTEに使われる「プラチナバンド」と呼ばれる700/900MHz帯はオークションで割り当てるべきだと提言したが、総務省はこれを拒否した。

 これについては当コラムでも紹介したように、民主党の仙谷由人政調会長代理(当時)が強く批判したが、総務省が巻き返して当初の方針どおり美人投票を実施し、900MHz帯をソフトバンクに割り当てた。この後、700MHz帯の割り当てはソフトバンクが辞退したため、NTTドコモ、KDDI、イー・アクセスの3社に割り当てることが6月に決まった。

 これは700/900MHz帯を既存4社に割り当てたのだが、今回の買収で状況は変わった。ソフトバンクは900MHz帯で15MHz(当初は5MHz)を取得する上に、700MHz帯でもイー・アクセスの取得した10MHzをもつため、プラチナバンドで合計25MHzが使えることになる。ドコモやKDDIが取得するのは10MHzだから、LTEでは形勢が逆転し、ソフトバンクが最大の周波数をもつことになる。

 ドコモとKDDIは今までに800MHz帯で15MHzずつ割り当てられているが、これに対応する電波はソフトバンクがすでに2GHz以上でもっている。今回の買収でソフトバンクは2社分の電波を保有し、孫社長のいうように日本で最大の帯域をもつ携帯電話会社になるのだ。買収の発表直前には1万5000円だったイー・アクセスの株価は、買収で急騰し、5日朝には3万3000円になった。

 もちろん企業買収は合法だが、公式のオークションを行なわなかった結果、国庫に入ったはずの1300億円(買収価格と時価の差)は「裏オークション」でイー・アクセスの利益になった。言い換えると、イー・アクセスの株主は総務省から電波という形で1300億円もらったのと同じである。これが公正競争といえるだろうか。

 6月に電波監理審議会が700MHz帯を10MHzずつ3社に割り当てると答申したのは「既存4社の既得権を守る」という意味だったが、その前提条件は今回の買収で崩れた。日本の携帯キャリアは3社になるのだから、700/900MHz帯も3社に15MHzずつとするのが当然だ。電監審は答申を撤回し、審査をやり直すべきである。

プロフィール

池田信夫

経済学者。1953年、京都府生まれ。東京大学経済学部を卒業後、NHK入社。93年に退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現在は株式会社アゴラ研究所所長。学術博士(慶應義塾大学)。著書に『アベノミクスの幻想』、『「空気」の構造』、共著に『なぜ世界は不況に陥ったのか』など。池田信夫blogのほか、言論サイトアゴラを主宰。

ニュース速報

ワールド

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレ

ビジネス

インフレが上向く兆候ない=米ミネアポリス連銀総裁

ワールド

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手

ビジネス

米国株式はハイテク株中心に下落、北朝鮮情勢緊迫化も

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!