PR〔amazon.co.jp〕

Book Lover’s Library

起業家育成のエキスパート、ティナ・シーリグ教授による『スタンフォード大学 夢をかなえる集中講義』(CCCメディアハウス)の刊行を機に、本誌ウェブコラム「パックンのちょっとマジメな話」でお馴染みのパックン(パトリック・ハーラン)、同じく本誌ウェブコラム「Instagramフォトグラファーズ」でお馴染みのQ.サカマキ両氏と、本誌編集長の横田 孝に、それぞれ3冊、お勧めの本を紹介してもらった。

Book Lover's Libraryとは――
ときに人生を一変させてしまう、それが本や雑誌の抗いがたい魅力。各界で活躍するブックラバーズに、心の中に刻まれた大切な3冊を公開してもらいました。amazon.co.jpとの特別企画です。

Pen Onlineでも実施中
madame FIGARO.jpでも実施中

大人になった僕は「冒険の書」に固定観念を揺さぶられた

パックン(パトリック・ハーラン)が選ぶ「僕に夢と冒険を教えてくれた3冊」

2016.03.15

写真の醍醐味は単に目の前にあるものを写すことではない

Q.サカマキ(写真家/ジャーナリスト)が選ぶ「私の写真哲学に火をつけてくれた3冊」

2016.03.15

健全な批判精神と「自称ジャーナリスト」の罵詈雑言は違う

横田 孝(ニューズウィーク日本版編集長)が選ぶ「私にジャーナリズムを教えてくれた3冊」 

2016.03.15
  • 1

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 2

    王毅外相「日本は『心の病』を治せ!」――中国こそ歴史を直視せよ

  • 3

    究極のブラックホールをつくりだす、地上で最も黒い素材とは?

  • 4

    トランプの「反・温暖化対策」に反対する意外な面々

  • 5

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 6

    東芝は悪くない

  • 7

    一歩も引かないプーチンに、にじり寄る安倍の思惑

  • 8

    中国の人権をめぐって日米の立場が「大逆転」

  • 9

    ロシアの反政府デモにたまらず参加した子供たち

  • 10

    スコットランド2度目の独立投票で何が起こるか

  • 1

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 4

    東芝は悪くない

  • 5

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 6

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 9

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 10

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力
原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!