コラム

カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らかに ヒト以外で確認されたのは初めて

2024年06月05日(水)21時30分
カラス

カラスの知能は「7歳くらいの子供に匹敵する」と考える研究者も Rudmer Zwerver-Shutterstock

<数の感覚は様々な動物に備わっているが、数を声で表現しているところが観察されたのはヒト以外でカラスが初めて。この事実を、独テュービンゲン大の研究者たちはどう突き止めたのか>

鳥類の中でも、とりわけ知能が高いとされるカラス。皆さんも、カラスがクルミを車道に置いて、自動車に轢かせることで硬い殻を割って中身を食べたり、巣を壊したヒトを敵として記憶し、家から出てくる度に攻撃したりする様子を見聞きしたことがあるでしょう。

ドイツのテュービンゲン大の研究チームは今回、カラスの賢さを新たな視点から示すことに成功しました。カラスはカラス語で「いち、に、さん、し」と声を出しながら、4まで数を数えられるというのです。研究成果は、科学総合学術誌「サイエンス」に5月23日付で掲載されました。

これまでの研究により、数の感覚を持っている動物はたくさんいることが分かっています。けれど今回の研究では、カラスは数を理解した上で、それに応じた鳴き声を出すことができることが示されました。数を声で表現しているところを観察されたのは、ヒト以外ではカラスが世界初の事例となります。

研究者たちは、どのようにしてこの事実を突き止めたのでしょうか。概観してみましょう。

イヌやネコをも凌ぐ賢さ

カラスは、鳥類の中ではとくに知能が高いことが知られています。カラスの体重は600~800グラム程度ですが、脳の重さは約10グラムあります。ちなみにニワトリは体重が1.2キロ程度で脳は約3グラムです。つまり、カラスはニワトリと比べると、体重に対する脳の比率が5倍以上にもなります。

それどころか、カラスの賢さはイヌやネコを凌ぐとも言われています。その根拠として頻繁に登場するのが、アメリカの心理学者であるハリー・ジェリソン博士が1973年に考案した「脳化指数」です。体重に対する脳の重さを示す、いわば「動物の知性の指標」であり、単純な割り算ではなく、体重が大きいほど脳も重くなる傾向があるため補正値が掛けられています。

脳化指数はネコを基準とすることが多く、ネコを1.0とすれば、イヌは1.2、チンパンジーは2.2~2.5、ハンドウイルカは5.3、ヒトは7.4~7.8になると言います。ネコより数値が低い動物は、たとえばウマが0.9、マウスが0.5、ニワトリが0.25とのことです。一方、カラスは1.25と算出されています。

最近は「カラス学」が目覚ましく発展しており、サイエンス誌には2020年に、「カラス属(一般的なカラスのほかに、カケスやカササギ、オナガなども含む)には自己認識があり、アイディアを熟考することができる」とする研究が掲載されました。22年には神経科学の専門誌「ジャーナル・オブ・コンパラティブ・ニューロロジー」に、「カラスの脳内には約2億~3億個のニューロンが高密度で存在しているため、脳細胞間の連携を効率的に行うことができる」と報告されています。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト/博士(理学)・獣医師。東京生まれ。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専修卒業、東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。朝日新聞記者、大学教員などを経て第 24 回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。小説に『馬疫』(2021 年、光文社)、ノンフィクションに『地球にじいろ図鑑』(2023年、化学同人)、ニューズウィーク日本版ウェブの本連載をまとめた『ビジネス教養としての最新科学トピックス』(2023年、集英社インターナショナル)がある。分担執筆に『ニュートリノ』(2003 年、東京大学出版会)、『科学ジャーナリストの手法』(2007 年、化学同人)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高受け自律反発期待の買い

ビジネス

アングル:渋滞解消の切り札になるか、「空飛ぶタクシ

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人選任議案を

ビジネス

英労働党、「バンキングハブ」の大幅増を約束 銀行支
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story