コラム

桜散る甲州街道 「俗界富士」が見える町へ

2019年05月09日(木)13時40分
桜散る甲州街道 「俗界富士」が見える町へ

撮影:内村コースケ

第7回 梁川駅(山梨県大月市)→大月駅前
<平成が終わり、東京オリンピックが開催される2019年から2020年にかけて、日本は変革期を迎える。名実共に「戦後」が終わり、2020年代は新しい世代が新しい日本を築いていくことになるだろう。その新時代の幕開けを、飾らない日常を歩きながら体感したい。そう思って、東京の晴海埠頭から、新潟県糸魚川市の日本海を目指して歩き始めた>

◆1日約8時間・15〜20kmの歩行ルートを繋ぐ「歩き旅」

01001a.jpg

「日本横断徒歩の旅」全行程の想定最短ルート :Googleマップより

map2.jpg

これまでの6回で歩いてきたルート:YAMAP「活動データ」より

東京から日本海側の新潟県を目指し、リレー形式で繋いでいくこの徒歩の旅は、今回で7回目。ここまでのパターンは次のような感じだ。朝9時ごろに前回ゴール地点(たいていは駅前)からスタートし、甲州街道(国道20号)を目安に、面白そうな裏道・脇道に外れつつ西へ進む。日没前後に手近な駅やバス停で一旦終了し、公共交通機関かあらかじめコインパーキングに停めておいた車で帰宅。これを1〜2週間おきに繰り返して、上の地図の徒歩ルートを繋いできた。

1回の歩行時間は8時間前後、距離は15kmから20km程度だ。東京都内は市街地のウォーキングを4回で歩ききり、都県境超えで軽登山を挟んで、前回からは田舎町の歩きになっている。そのように歩く舞台が変わっても、歩行のペースはほぼ一緒だ。ここまで単独行が1回、その他の5回は同行者1〜4人だったが、人数によるペースの違いもなかった。尚、全歩行記録は、登山情報サイトYAMAP(ヤマップ)を利用して、スマートフォンのGPSで軌跡を記録している。各回の記録は、YAMAPの活動日記として記事未掲載分の写真と共に公開しているので、興味のある方は参照してほしい。

また、この旅では、記事の執筆のほかに、自分のライフワークであるストリート・スナップの写真撮影を主目的にしている。1回あたりの総ショット数は600〜1000枚(同じ構図で連射したカットを含む)で、そのうち80〜100枚を編集して残し、記事に掲載するのは20枚前後というパターンも確立されてきた。歩くことだけに集中すれば、1回あたりの歩行距離はもっと伸ばせるだろうが、「道中を楽しみながら見聞する」ことを目的とした日本の徒歩旅行の標準的なペースとして、参考になるのではないだろうか。

7R305260.jpg

今回はJR中央本線・梁川駅から単独でスタート。これまでも、前回ゴール地点から再スタートする形で東京湾岸からの6回分の歩行ルートを繋いできた=山梨県大月市

◆繊細な季節の移ろいを感じながら

7R305351.jpg

約1週間ぶりの甲斐路は桜が散り始めていた=山梨県大月市梁川駅付近

7R305392.jpg

桜と花桃で彩られた線路沿いの生活道路を進んだ=山梨県大月市梁川駅付近

そんなわけで、今回も午前9時過ぎに前回ゴール地点のJR中央本線・梁川駅に鉄道で到着。証拠の自撮り写真を撮ってから歩き始めた。梁川駅は、山梨県大月市の東寄りの甲州街道(国道20号)沿いにある。この旅は、新旧甲州街道を辿ることそのものが目的ではないので、交通量が多い国道はなるべく避け、脇道・裏道を探しながら歩いてきた。今回も、駅の反対側に出て線路沿いの生活道路から歩き始めた。

桜が満開だった前回から1週間余り。この日(2019年4月15日)の甲斐路は、桜が散り始め、山肌の木々に若葉がつき始めていた。春の後半戦のスタートといったところだ。旅の間隔は、1〜2週間おきというペースに落ち着いているが、日本の繊細な季節の移ろいを実感できる良いペースではないだろうか。この「繊細な季節感」という要素は、日本の風景の最大の魅力だ。

プロフィール

内村コースケ

1970年ビルマ(現ミャンマー)生まれ。外交官だった父の転勤で少年時代をカナダとイギリスで過ごした。早稲田大学第一文学部卒業後、中日新聞の地方支局と社会部で記者を経験。かねてから希望していたカメラマン職に転じ、同東京本社(東京新聞)写真部でアフガン紛争などの撮影に従事した。2005年よりフリーとなり、「書けて撮れる」フォトジャーナリストとして、海外ニュース、帰国子女教育、地方移住、ペット・動物愛護問題などをテーマに執筆・撮影活動をしている。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語』著者が斬る30年間の変遷

  • 4

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 5

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 8

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 9

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 10

    金正恩「安倍は軍国主義」、日本の会談呼びかけにカ…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!