最新記事
野生動物

水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖映像...少女ら襲われ手足を失う被害の米ビーチで撮影

'Aggressive' Shark Seen Circling Florida Jet Skier in Viral Video

2024年6月16日(日)13時10分
アンナ・コマンダー
フロリダ州でサメが水上スキーに何度も体当たり

Harvest Aksell/Shutterstock

<米フロリダ州のビーチで3人が同じ日にサメに襲われたが、同じビーチでジェットスキーにオオメジロザメが突撃する様子が撮影された>

「攻撃的な」サメが、男性の乗っているジェットスキーに繰り返し激突して揺さぶってきたり、周りをぐるぐる泳ぎ回ったりする恐ろしい様子を映した動画がSNS上で公開されて話題になっている。場所は、米フロリダ州北西部の入江パンハンドルの沖だ。

■【動画】大型のサメが水上スキーに突進、何度も「体当たり」してくる恐怖映像...3人が襲われ重傷を負ったビーチで

この動画をフェイスブックに投稿したアンドリュー・キャディによれば、サメに遭遇したのは、フロリダ州ウォルトン郡のグレイトン・ビーチ沖だ。「グレイトン・ビーチの沖でジェットスキーに乗っていると、攻撃的なオオメジロザメが現れて、何度も激突された。#30a #shark #sharkattack」

この動画は、6月12日夜(現地時間)の時点で1000件以上のコメントが寄せられ、約2000回シェアされている。キャディは、動画投稿に続くコメントで、ウォルトン郡保安官事務所に通報したと明かし、サメが攻撃的な様子を見せていたのは、海水浴客がいるところから300メートルほどの場所だったと述べた。

本誌は、フェイスブックを通じてキャディに連絡を取り、6月12日夜(現地時間)にはサウス・ウォルトン消防署にメールを送った。

キャディの動画を見ると、ジェットスキーの横を泳いでいた1匹のサメが、直接向かってきたあと、向きを変え、水しぶきをあげている。動画の最後では、海面から飛び上がっている。

キャディは、米メディア「インサイド・エディション」に対し、「1日で3人が襲撃を受けたという報道があってからわずか数日後に、攻撃的なオオメジロザメに遭遇したので、少し動揺した」と語った。「乗っていたジェットスキーの後部めがけて、海面から飛び出して体当たりしてきた」

海水浴客が次々にサメに襲われ腹部や腕に重傷を負った

ウォルトン郡では6月7日、海水浴客が次々とサメに襲われ、騒然とした。こうした事態を受け、ウォルトン郡当局は、周辺の海への立ち入りを禁止した。

最初の襲撃は6月7日午後1時20分ごろ、同州北西部のウォーターサウンド・ビーチで起きた。サメに襲われたのはエリザベス・フォーリー(45歳)で、腹部に「重度の傷」を負ったほか、左前腕を失った。サウス・ウォルトン消防署のライアン・クロフォード署長によると、フォーリーは当日、予断を許さない状態だったという。

米メディア「WTVR」によると、フォーリーの夫は6月9日の取材で、「(妻は)何とか持ちこたえており、とても前向きに治療を受けている」と語っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け

ビジネス

米ボーイング司法取引に最終合意、墜落事故で2.4億

ビジネス

ホンダ、中国苦戦で四輪生産能力削減へ ガソリン車中

ビジネス

中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き下げ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中