最新記事
ロシア

ロシア、戦術核を含む軍事演習を初めて公表...プーチン大統領がウクライナに核を使う日は来るのか?

More Putin: What Next?

2024年5月16日(木)20時46分
エイミー・マッキノン(フォーリン・ポリシー誌記者)
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領

Sputnik/Sergei Bobylev/Pool via REUTERS

<続くウクライナ戦争と欧米との対立──超長期政権の5期目プーチン大統領は、レッドラインを越えるのか>

24年前のロシアと現在のロシア──。その変貌ぶりを分割スクリーンでありありと示すような出来事だった。

ロシアで5月7日、ウラジーミル・プーチン大統領の就任式が行われ、通算5期目の任期が始まった。そんななか、ロシア軍が戦術核兵器の軍事演習に向けて動き出したのだ。

2000年、初代大統領ボリス・エリツィンの指名を受けた後継者として、大統領選に勝利したプーチンは初の就任演説で、ロシア史上で初めて「国民の意思による合法的で平和的な」権力移行が実現したと胸を張り、民主主義の継続と発展を誓った。

それから四半世紀近くが過ぎ、プーチンの軍隊はウクライナ戦争の泥沼の中で、プーチンの政敵は亡命中か獄中か、死亡している今、5度目の就任演説の中身は大違いだった。今回語ったのは「力強く」「どんな挑戦や脅威にも抵抗する」政治体制の必要性だ。

欧米は「攻撃政策」でロシアに圧力をかけようとしていると、プーチンは非難。欧米が態度を変えるなら、対話に前向きだと示唆した。「安全保障や戦略的安定性の問題を含めて、話し合うことは可能だが、力ずくの立場は受け入れられない。傲慢さや排他的主張を捨て、対等な立場で、互いの利益に対する相応の敬意がなければならない」

一方、ロシア国防省は5月6日、プーチンの指示の下、戦術核配備の演習の準備を開始したと発表した。欧米側の「挑発的な発言や脅し」を受けたものだという。

欧米との緊張が悪化するなか、ロシアが大量保有する核兵器の存在に触れるのは「常套手段」と言っていい。とはいえ、戦術核を含む軍事演習の実施を公式に発表したのは今回が初めてだ。

ロシアのウクライナ侵攻に協力したベラルーシも後に続いた。ベラルーシ国防省は5月7日、同国のアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が、国内に配備されているロシア戦術核兵器の準備点検のため運搬車両の抜き打ち査察を命じたと発表。2日後、プーチンがベラルーシの演習参加を明言した。

ウクライナ戦争をめぐってこのところ相次ぐ欧米政治家の発言に、ロシアは激怒している。それが、新たな核の脅しの引き金になったようだ。

米英仏の「挑発」に返答

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は5月6日、戦術核演習の実施計画に関して、エマニュエル・マクロン仏大統領の発言を引き合いに出した。マクロンは最近、欧米部隊のウクライナ派遣の可能性を排除しないと、一度ならず口にしている。

ロシア外務省は同日、フランスのピエール・レビ駐ロシア大使を呼び出した。フランスはこれを威嚇だと非難。翌日のプーチンの大統領就任式にレビは出席したが、米英と大半のEU加盟国は欠席した。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る

ワールド

バイデン氏、不法移民救済 市民権取得に道 米大統領

ビジネス

米5月小売売上高、予想下回る0.1%増 高金利で裁

ワールド

今後1年で金準備増やす中銀増える見通し=WGC調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中