最新記事
ロシア軍

ロシア軍の兵器庫は無尽蔵? 破壊し尽くせない物量の恐怖

How Much Firepower Does Russia Have Left After Two Years of War?

2024年3月25日(月)22時00分
デービッド・ブレナン

いくら破壊してもきりがない?──ドネツク州ボホロディチネに横たわるロシア戦車の残骸(2月13日) Photo by Maxym Marusenko/NurPhoto 

<ウクライナに本格侵攻してからというもの。ロシア軍は無謀な作戦や失態で人員、兵器共に大きな損失を被ってきたが、目を見張る戦争継続能力を維持している>

2年にわたるウクライナへの本格侵攻で数々の失態を演じ、驚異的な損害を被ったにもかかわらず、ロシア軍がいまだに作戦を継続する能力を維持していることは明らかだ。

 

厳しい冬と消耗戦の末、戦況は再びロシア優位に傾いている。ウクライナちは思うような兵力増強ができず、西側諸国、特にアメリカからの軍事援助の減少に直面している。

【動画】ウクライナによるドローン攻撃により、ロシアT-90戦車が爆撃を受ける瞬間の映像

今年はウクライナにとって、生き残りを懸けた過酷な年になりそうだ。ロシア軍は兵士や装備の犠牲を問わず、ルハンスク州とドネツク州で構成される東部ドンバス地方全域の制圧を主目的とする攻撃を続けるとみられる。

ウクライナもロシアも詳細な死傷者数を定期的に公表することはしていない。ロイター通信が昨年12月に明らかにした機密解除された米情報機関の報告書によれば、2022年2月以降のロシア軍の死傷者数は推定31万5000人で、侵攻前の兵員の約90%にも相当する。ウクライナは、約43万5000人のロシア軍兵士を「排除」したと主張している。

現役は約110万人

一方、ウクライナ軍の死傷者総数は、8月にリークされた米軍のアセスメントを引用したニューヨーク・タイムズによれば約12万4500人から13万1000人で、戦死者は1万7500人に上る。またウォロディミル・ゼレンスキー大統領は今年2月、2年間の戦闘で3万1000人が死亡したと述べた。

ロシアは、囚人まで動員して兵を増やしてきた。2022年8月、プーチンは現役兵士の数を13%増員(約13万7000人)し、総兵力を115万人に引き上げるよう命じ、予備役30万人の「部分動員」も行われた。

国際戦略研究所(IISS)の「2024年軍事バランス」データベースによると、ロシア軍の現役兵力は全軍で約110万人、うち50万人が陸軍に所属している。さらに全軍で150万人の予備役がいる。

ロシアの機甲部隊はウクライナ軍の戦線を崩壊させる前衛の役割を担っているが、これまでの戦いは過酷だった。ロイターは、匿名のアメリカ政府関係者の話を引用し、ロシア軍は3100両の戦車で戦争を開始し、2200両を失ったと報じている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

米年内利下げ回数は3回未満、インフレ急速に低下せず

ワールド

イラン大統領ヘリ墜落、原因は不明 「米国は関与せず

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中