最新記事
中東

イラクの親イラン武装組織「カタイブ・ヒズボラ」司令官暗殺で、高まる米軍追放の怒声と報復攻撃の脅し

Iraq's Hezbollah Issues New Threat to US and Israel After Officials Killed

2024年2月9日(金)12時12分
トム・オコナー

米軍のドローン攻撃で燃え上がった車。カタイブ・ヒズボラの指揮官を含む幹部2人が死亡した(2月7日、バグダッド) from social media video obtained by REUTERS

<殺された米兵の報復とさらなる攻撃の抑止、という理屈で暗殺を決行したアメリカだが、イスラエルのガザ侵攻支持でイスラム世界に高まっていた反米意識を甘く見た可能性がある>

イラクの首都バグダッドで、イランの支援を受けたイスラム教シーア派武装組織「カタイブ・ヒズボラ(神の党旅団)」の幹部少なくとも2人が米軍の攻撃で死亡した。イスラエルとガザを実効支配するハマスとの戦闘が続き、中東情勢が緊迫するなかでの攻撃だ。

 

米中央軍は2月7日、「ヨルダンでの米軍兵士3人の殺害に対する報復として、イラクにおいて標的の攻撃を行い、この地域の駐留米軍に対する攻撃を直接的に計画・参加したカタイブ・ヒズボラの上級指揮官を殺害した」と発表した。

「現時点では付随する損害や民間人の死傷者が出たことを示唆する証拠は一切ない」と、米中央軍は断定した。「アメリカは自国の国民を守るために今後も必要な措置を取る。どのような勢力であれ、米軍部隊の安全を脅かせば、躊躇なく責任を負わせる」

ヨルダンやイスラエルへの報復も示唆

カタイブ・ヒズボラ系メディアは、バグダッドで起きたドローン(無人機)とみられる攻撃で、上級司令官のアブ・バキール・アルサーディと情報工作員のアルカン・アルアリアウィが死亡したと伝えた。これを受け、カタイブ・ヒズボラの代表は、自分たちはイラク国外の標的を狙える兵器を持ち、隣国ヨルダンはもちろん、イスラエルの地中海沿岸地域や、同じくカリシュ天然ガス田も攻撃できると豪語した。

「(イラク西部の)アル・アサド空軍基地から発射されたわれわれのドローンとミサイルは、ヨルダン、(イスラエルの)ハイファ、カリシュまで到達した。われわれはその気になれば、いつでも、どこでも攻撃できる」

イラクのもう1つの主要なシーア派組織「ヌジャバ運動」(別名ヒズボラ・アルヌジャバ)も、米軍の攻撃はイラクの主権を脅かす暴挙だとして、報復攻撃も辞さない姿勢を示した。死亡したアルサーディはイラク政府と協力して治安維持を担う民兵組織「人民動員隊」の上級司令官でもあり、カタイブ・ヒズボラとヌジャバ運動はいずれもこの組織に加入している。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中