最新記事

東南アジア

デジタル監視システムでおとり捜査は不要? 汚職操作めぐり賛否渦巻くインドネシア

2023年1月24日(火)11時20分
大塚智彦

*写真はイメージです Atstock Productions - iStockphoto

<捜査手法の議論以上に、汚職ありきな発想こそが問題......>

インドネシアで最強の捜査機関の一つとされる「汚職撲滅委員会(KPK)」の捜査手法をめぐり賛否両論が渦巻いている。

ことの発端はルフット・パンジャイタン調整相(海事・投資)という有力閣僚がKPKによる「囮(おとり)捜査(インドネシア語の頭文字でOTT)」という捜査手法を批判。「囮捜査による汚職摘発はインドネシアの国としての威厳や信頼を損なう」としてデジタル監視技術の導入などで「囮捜査」は中止すべきだと主張したのだ。

このルフット・パンジャイタン調整相のKPK批判は一度ならず、複数回公の場で行われ、国内では「囮捜査」の是非をめぐり賛否両論がマスコミを賑わす事態になっているのだ。

国家としての威厳、信頼棄損を主張

2022年12月20日にルフット・パンジャイタン調整相は首都ジャカルタで開催されたイベントで「囮捜査はインドネシアの国際的なイメージを悪くする。デジタル技術を用いた監視などで摘発を進めれば誰も反対などしない。完全な清潔者は天国にのみある」と発言したのだった。

この発言は「囮捜査」批判と同時に「天国以外の現実の世界には汚職と無関係の者は存在しない」という趣旨でもあり、誰もが汚職に関与している可能性があるともとれる発言となり物議を醸したのだ。

さらに同調整相は2023年1月10日に「(今年はDXを推進する)インドネシアのデジタル元年であり、デジタル監視システムが汚職抑止に役立てば囮捜査は必要なくなる」と発言。さらに1月17日には「私たちは尊厳ある国になるために囮捜査と戦わなくてはならない」とまで発言、批判姿勢を強めたのだった。

発言の背景は?

一般的に考えれば汚職捜査機関の活動に批判を加えるということは、自身や家族、親しい関係者に汚職捜査の手が伸びることへの「牽制」と認識される。特に批判するのが内閣の重要閣僚で、特殊部隊司令官などを歴任した国軍幹部出身者となれば、その発言の影響力は大きいといわざるを得ない。

パンジャイタン調整相は国軍時代には東ティモール作戦などで活躍し、特殊部隊や戦略予備軍などの司令官を歴任したエリート軍人だった。軍人時代には米国留学経験や退役後にシンガポール大使も歴任したこともあり、ジョコ・ウィドド内閣の国際派重鎮として存在感を強めている。

また、イスラム教徒派が圧倒的多数のインドネシアにあって少数派のプロテスタントで、イスラム教の不寛容には反対する姿勢から宗教的多様性と寛容性を信条としている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は続伸 緩和修正思惑が後退、輸出株な

ワールド

そのような事実ない=雨宮氏に日銀総裁打診報道で磯崎

ワールド

お知らせ=重複記事を削除します

ビジネス

米テスラ、1月の独販売台数が前年比10倍増 全体の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月