最新記事

ロシア

ミサイル発射がロシアならNATOと戦争の危機、「ありえない」とRTのトップ

Putin Ally Posts Ominous Message About U.S. Conflict With Russia

2022年11月16日(水)15時44分
キャサリン・ファン

ロシア製ミサイルが着弾し2人が死亡したとされるポーランドの町プシェボドゥフ(11月15日) REUTERS

<ポーランドにロシア製ミサイルが着弾して2人が死亡した事件で、プーチンを支持するジャーナリストは核戦争の瀬戸際までいったキューバ危機を持ち出した>

プーチンと親しいジャーナリストのマルガリータ・シモニャンは11月15日、1962年のキューバ・ミサイル危機を連想させる不吉なメッセージをネット上に投稿した。キューバ危機は、アメリカと当時のソビエト連邦の対立激化で、全面的な核戦争の瀬戸際までいった事件だ。

彼女のテレグラムチャンネルの投稿には、「こんばんは、1962年」とだけ書かれていた。

このメッセージが投稿されたのは、ロシア軍が開戦以来最も広範な空爆をウクライナに対して行った数時間後のことだ。この空爆では、2発のロシア製ミサイルがNATO加盟国である隣国のポーランドに着弾し、2人が死亡したとポーランド当局は発表している。この攻撃は、同じくウクライナの隣国で旧ソ連国のモルドバにも被害を与えた。主要な送電線が攻撃で破壊され、大規模な停電に見舞われたのだ。

国営テレビRTの編集長を務めるシモニャンは、15日の大規模空爆の直後、ポーランドでの爆発事件がロシアからのミサイルによるものかどうかに疑問を投げかけ、「核でポーランドを灰にすることもできる我が国を非難する前に、労を惜しまず証拠を提示するべき」と発言した。

プーチン政権の代弁者として、ウクライナ侵攻は戦争ではないと主張するシモニャン


彼女はソーシャルメディアへの投稿で、ミサイルはウクライナから飛来した可能性のほうが高いと主張。「最新の」ロシアのミサイルがコースを外れる可能性は「生きた恐竜に出会うのと同じぐらい」あり得ないことだと述べた。

【SNS】ポーランドのミサイルはどこから来た? 激論交わすツイッタラー

「国防が弱い」と非難

シモニャンの推測では、ポーランドに落ちたミサイルは「ウクライナのミスか、ポーランドの挑発、あるいはイギリスの仕業である可能性が高い」という。

15日に起きたポーランドへのミサイル着弾は、この戦争においてロシアのミサイルがNATO加盟国に向けて発射された初めてのケースであり、この事件が世界大戦や核戦争へのエスカレーションにつながる可能性が取り沙汰されている。

NATO条約第5条では、「ヨーロッパまたは北米の加盟国1カ国またはそれ以上の国に対する武力攻撃は、加盟国全体に対する攻撃とみなす」とされている。

1962年のキューバ・ミサイル危機は、アメリカとソ連の対立の結果として国家間の核危機が展開した最後のケース。米国務省では、冷戦時代の「2つの超大国が核戦争に最も近づいた瞬間」と表現している。

一方、シモニャンはポーランドは「守りが弱い」と非難。国防が弱いため、ポーランドは「誰にでも、どんなものにでも、偶然であっても、やられてしまう。NATOのどの国も、ポーランドが誰に、なぜ、何で攻撃されたかもわからないだろう」と発言した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

ビジネス

ステランティス、イリノイ州工場を無期限停止 EVコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    初めて見た! プーチンの酔っぱらった姿...いつもと違う様子に「弱ささらした」の声

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 9

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 10

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月