最新記事

日本社会

「奨学金」という名の借金が地方の若者を苦しめる

2022年9月22日(木)10時30分
舞田敏彦(教育社会学者)

こうした経済条件の差が、学生の奨学金利用に投影されていないか。横軸に父親年代の所得中央値、縦軸に大学生の奨学金利用率(上表)をとった座標上に、47都道府県のドットを配置すると<図1>のようになる。

data220922-chart02.jpg

右下がりの負の相関関係がみられる。父親年代の所得が低い県ほど、奨学金利用率が高い傾向だ。相関係数はマイナス0.63748にもなる。地方では借金を負わせて(無理をして)進学させている、という印象を禁じ得ない。

大学進学率50%超、高等教育のユニバーサル段階に達している日本だが、(地方の)学生に借金を負わせることで成り立っている。地方は所得水準も低いので、卒業後に返していくのも大変だ。数百万の借金を背負っていることは、結婚や出産の妨げにもなるだろう。奨学金の利用増加が、未婚化・少子化につながっているとしたら皮肉なことだ。

高等教育の機会を多くの若者に開くのはいいが、当人に借金を負わせることでそれを進めると、個人にとっても社会にとってもよからぬことになる。私費依存の教育拡張の病理だ。高等教育への公的支出の対GDP比は、日本は諸外国と比べて低い。真のスカラシップ(給付型)を,今よりもっと拡張する余地はある。

並行して、貸与型の奨学金は「学生ローン」と名称変更すべきだ。これだけでも、安易な借り入れを減らすことができる。奨学金という美名で釣って借金を負わせるなど、国のすることではない。実際に勘違いする人もいて、「奨学金って返すんですか?」と真顔で驚く学生に会ったことがある。

地域によっては、大学生の半分以上が数百万の借金を背負って社会人生活をスタートするという事態になっている。若者が借金漬けになっているような地域では、希望も未来もあったものではない。

アメリカのように奨学金の一部をチャラにする政策をしてみるのもいい。それで足かせが外れ、婚姻や出産の増加につながればしめたものだ。

<資料:日本学生支援機構「奨学金に関する情報提供」
    総務省『就業構造基本調査』(2017年)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レヴィーンの「お相手」たち

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月