最新記事

中台関係

中国軍、台湾攻撃想定した異例の演習が最終日 弾道ミサイルの発射など地域に緊張

2022年8月7日(日)19時10分

中国人民解放軍の台湾周辺での演習は7日、最終日を迎えた。ペロシ米下院議長の台湾訪問への対抗措置として8月4日から4日間の軍事演習は弾道ミサイルの発射など異例の規模となり、日本を含む周辺地域に緊張をもたらした。写真は台湾の軍艦。基隆港で6日撮影(2022年 ロイター/Jameson Wu)

中国人民解放軍の台湾周辺での演習は7日、最終日を迎えた。ペロシ米下院議長の台湾訪問への対抗措置として4日から4日間の軍事演習は弾道ミサイルの発射など異例の規模となり、日本を含む周辺地域に緊張をもたらした。

国営新華社通信によると、演習は7日正午(日本時間午後1時)に終了する予定。

中国は今回、台湾を取り囲むように6カ所に演習地域に設定。艦船や軍機が台湾海峡の中間線を何度も越えた。6日には台湾本島を攻撃する模擬演習を実施した。

台湾国防部(国防省)は7日、午前中に中国軍の複数の艦船や航空機、ドローン(無人機)が、台湾および海軍艦船への攻撃を想定した演習を行ったと発表した。

関係筋によると、7日午前に台湾海峡の中間線付近に中国と台湾の海軍艦艇約10隻が展開、中国の一部の船が繰り返し中間線を越えて台湾側に入った。ただ双方とも自制を示し緊張が高まる感じではなかったという。

台湾の蘇貞昌行政院長は7日、中国の軍事演習が地域の平和と安定を損ねたと改めて非難した。

中国は、ペロシ氏訪台を受け米国との軍上層部の対話や気候分野の協議など8分野の二国間対話も停止すると発表した。

ブリンケン米国務長官は6日、訪問先のフィリピンで、中国の措置は「無責任」と批判した。中国の危険で安定を損ねる行動について同盟国から懸念を聞いているとした上で、米国は冷静に対処していくと説明した。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2022トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

英財務相、所得税最高税率引き下げ案を撤回 政権に打

ワールド

拘束のザポロジエ原発所長が解放=IAEA事務局長

ワールド

ウクライナ国民の83%がNATO加盟を希望=世論調

ビジネス

将来のインフレ動向、一段と不安定化も=米リッチモン

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング