最新記事

電気自動車

ここまで来たベトナムのEV、アメリカに進出

Vietnamese Automaker VinFast Plants an Electric Foot in the American Market

2022年7月4日(月)12時45分
ジェイク・リンゲマン

ノースカロライナ州に組み立て工場を建設する合意をしたビンファスト

<ベトナム初の世界的自動車メーカーが、グローバルの存在感を急拡大させている。内燃エンジン搭載車両の生産を年内に停止し、電動自動車に専念。最新の技術とサービスで米市場での成功を目指す>

自動車業界は排他的な集団で、滅多に新参者の参入を許さない。テスラやリビアンは例外だ。とくに電気自動車(EV)市場への進出を果たすのは多くの場合、「ポールスター」のように定評ある自動車メーカーの傘下にあるブランドで、イタリアや中国のメーカーはこれまでのところ、同市場に参入することができていない。

この狭き門に挑もうとしているのが、ベトナムの自動車メーカー「ビンファスト」だ。

ビンファストは、ベトナムの複合企業最大手「ビングループ」の子会社として2017年に創設された。親会社のビングループは、実業家のファム・ニャット・ブオンが1993年に創業。最初はウクライナで即席麺の製造・販売事業を展開し、2000年にベトナムに帰国すると事業を拡大していった。

ビングループ傘下には自動車メーカー「ビンファスト」のほかにも、スマートフォンを扱っていた「ビンスマート」、東南アジア最大の野生生物保護公園「ビンパール」、テーマパークの「ビンワンダーズ」や薬局チェーンの「ビンファ」などがある。

vlineup.jpg

若いEV市場にチャンスを見出した

世界的なEVコンサルティング企業「ゾゾ・ゴー」のマイケル・ダン最高経営責任者(CEO)は本誌の取材に対し、(ビンファストが米市場参入を目指すのには3つの要因があると語った。「1つ目はビンファストが市場にチャンスを見出したことだ。EV市場はとても若く、ゲームは始まったばかりだ」

「2つ目は、ビンファストはベトナム国内では英雄であり、国としてのプライドがあること。同社はベトナム政府からも全面的なサポートを得ている。そして3つ目は、中国とは異なり、米政府からも全面的なサポートを得るチャンスがあることだ」

ビンファストの社名は、同ブランドが重点を置く「ベトナム」「スタイル」「安全」「創造性」「パイオニア」を意味するベトナム語の単語を組み合わせたものだ。

米市場への参入に向けた同社の第一歩が、2021年のロサンゼルス・モーターショーだった。ここで中型の2列シートSUV「VF8」(価格は4万1000ドル~)と、VF8よりも大きいが同じく中型の3列シートSUV「VF8」(価格は約5万6000ドル~)を発表した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国軍機10機、台湾海峡の中間線超え=台湾国防部

ビジネス

米輸入物価、7カ月ぶり下落 20年4月以来の大幅な

ワールド

ドイツ、公共施設の暖房最高19度に エネルギー節減

ビジネス

中国国有大手4社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月