最新記事

分離独立

テキサス共和党、アメリカからの独立を問う住民投票を要求

Texas Could Vote to Secede From U.S. in 2023 as GOP Pushes for Referendum

2022年6月21日(火)18時25分
カレダ・ラーマン

トランプ前大統領と大統領候補の座を争ったテッド・クルーズ上院議員もテキサス分離独立派 Pavel-ISTOCK.

<同性愛を「異常なライフスタイル」と呼び、アメリカ合衆国からの分離独立を渇望する右派の運動にまた火が付いた>

テキサス州の共和党員たちは、「テキサス州がアメリカ合衆国から脱退すべきか否かを決める住民投票」の実施を要求している。

テキサス州の共和党員たちは、6月16日〜18日にかけてヒューストンで党大会を開催し、綱領について話し合った。そのなかの一項目が、「2023年の選挙において、テキサス州民が合衆国からの脱退問題に投票することを認めよ」という要求だ。

この党綱領は、こう述べる。「合衆国憲法によって保障されたテキサス州の権利を侵害する、連邦政府から強制された法令は、無視され、反対され、拒絶され、無効化されるべきである」「テキサス州は、合衆国から脱退する権利を有しており、この権利に従った住民投票法案を通すため、テキサス州議会が招集されるべきだ」

南北戦争を蒸し返す渇望

テキサス・トリビューン紙によると、テキサス州がアメリカ合衆国から脱退可能だとする根拠のない通説が現在に至るまで流布している背景には、同州独立の歴史がある。テキサス州は、1836年にメキシコからの独立を宣言。その後9年間を独立国の「テキサス共和国」として過ごしたのち、アメリカ合衆国に併合された。テキサス州はその後、1861年に合衆国から脱退したが、その後南北戦争を経て、1870年に再び編入されている。

合衆国憲法は、国内の州の脱退に関する規定を一切設けていない。また南北戦争後の1869年に連邦最高裁判所が示した「テキサス対ホワイト」判決では、アメリカの州は一方的に合衆国から脱退することはできないとされている。

2016年にこの世を去った連邦最高裁判事のアントニン・スカリアは、「南北戦争で解消された憲法上の問題があるとしたら、それは、各州には合衆国脱退の権利がないという点だ」と記していた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:インドでコメ油の需要急増、食用油不足で乗

ワールド

焦点:アフリカ産農産物、中国輸出に「事後の要求」の

ビジネス

アングル:米労働市場の過熱、鎮静化の兆し 工場に求

ワールド

オミクロン対応ワクチンの追加接種、免疫高める公算=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲載された?

  • 2

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 3

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラマンに激怒する動画が流出

  • 4

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 5

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 6

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 7

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイ…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 10

    韓国ユン大統領、外交デビューは屈辱続き バイデンは…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・義経の死に際し実際にやったこと

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖くない」と話題に

  • 4

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月