最新記事

自律航法

自律航行タンカーが世界初の太平洋1万キロ航行に成功 AIが航路を決定

2022年6月21日(火)18時50分
青葉やまと

超大型LNGタンカーが世界初の大洋横断自律航行に成功  HD Hyundai

<レベル2の自動航行に成功。2万キロ航路の後半を、AIと自動操舵システムだけで運行した>

ベンチャー企業のAvikus社は6月2日、同社の無人タンカーが大型船として世界初の大洋横断に成功したと発表した。AIによる航行システムが周囲の海域の状況や他船の位置などを認識し、最適な航路と速度を自己判断した。同社は韓国ヒュンダイ重工グループ傘下の新興企業であり、自律航法システムを専門に開発している。

自律航海に成功したのは、13万4000トンの超大型LNGタンカー「PRISM COURAGE(プリズム・カレージ)」だ。自律航法システム「HiNAS 2.0」を搭載した同船は、米テキサス州フリーポートの港を5月1日に出発。パナマ運河を抜けて太平洋を横断し、33日間かけて韓国・保寧(ポリョン)のLNG基地に到着した。全2万キロの航路のうち、航海後半の1万キロを完全自律運転で航行した。

Avikus社はこれまでに、状況の認識・判断を行うレベル1の自律航行に成功している。今回はこれに加え、船の制御までをシステムに任せるレベル2の自律航法に成功した。同社は今回の実績をもとに必要な許認可の取得を進め、自律航行システムの来年内の商用化を目指す。今回は大型LNG船での実証実験となったが、追ってレジャーボートなどにも対応する方針だ。

最適ルートで燃費7%向上

燃料高騰の折、自動運転は吉報となるかもしれない。同社によると今回の航海中、AIが最適なルートを判断したことで燃費が7%改善したほか、温暖化ガス排出量の5%抑制に成功したという。エネルギー価格が高止まりするなか、7%の燃費向上は大きなメリットとなりそうだ。

科学ニュースサイトの米『ニュー・アトラス』によると、グループ会社のヒュンダイ・グローバル・サービスが開発した人工知能「統合スマートシップ・ソリューション(ISS)」がルートと速度を決定し、これを受けて自律航法システムのHiNAS 2.0が船体を制御した。単純な最短ルートを選択したわけではなく、天候や波の高さによる影響が加味されたという。また、太平洋横断中、近隣にある他船の位置をAIが監視し続けた。海洋上のルールを遵守しながら、およそ100回におよぶ衝突回避操作をシステムが自動で行なった。

自律航行は技術的な面白さを秘めているだけでなく、国際政治にも意外な形で影響を与えそうだ。欧州は現在、ロシア情勢を念頭に、ロシア産LNGからの脱却を進めている。米フォーブス誌は、自律航法が海運のボトルネックを一定程度解消し、欧州の脱ロシアをある程度助ける可能性があると論じている。ただし、根本的にLNGの供給量が限られていることから、抜本的な改善は期待できないとも同誌は指摘している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、堤工場第1ライン一時停止 コロナ感染で66

ワールド

中国軍機16機、防空識別圏に侵入 中間線超え=台湾

ワールド

ロシア、ウクライナのハイマース弾薬庫破壊と発表

ワールド

ファイザーとビオンテックの変異株ワクチン、欧州当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 7

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月