最新記事

自律航法

自律航行タンカーが世界初の太平洋1万キロ航行に成功 AIが航路を決定

2022年6月21日(火)18時50分
青葉やまと

超大型LNGタンカーが世界初の大洋横断自律航行に成功  HD Hyundai

<レベル2の自動航行に成功。2万キロ航路の後半を、AIと自動操舵システムだけで運行した>

ベンチャー企業のAvikus社は6月2日、同社の無人タンカーが大型船として世界初の大洋横断に成功したと発表した。AIによる航行システムが周囲の海域の状況や他船の位置などを認識し、最適な航路と速度を自己判断した。同社は韓国ヒュンダイ重工グループ傘下の新興企業であり、自律航法システムを専門に開発している。

自律航海に成功したのは、13万4000トンの超大型LNGタンカー「PRISM COURAGE(プリズム・カレージ)」だ。自律航法システム「HiNAS 2.0」を搭載した同船は、米テキサス州フリーポートの港を5月1日に出発。パナマ運河を抜けて太平洋を横断し、33日間かけて韓国・保寧(ポリョン)のLNG基地に到着した。全2万キロの航路のうち、航海後半の1万キロを完全自律運転で航行した。

Avikus社はこれまでに、状況の認識・判断を行うレベル1の自律航行に成功している。今回はこれに加え、船の制御までをシステムに任せるレベル2の自律航法に成功した。同社は今回の実績をもとに必要な許認可の取得を進め、自律航行システムの来年内の商用化を目指す。今回は大型LNG船での実証実験となったが、追ってレジャーボートなどにも対応する方針だ。

最適ルートで燃費7%向上

燃料高騰の折、自動運転は吉報となるかもしれない。同社によると今回の航海中、AIが最適なルートを判断したことで燃費が7%改善したほか、温暖化ガス排出量の5%抑制に成功したという。エネルギー価格が高止まりするなか、7%の燃費向上は大きなメリットとなりそうだ。

科学ニュースサイトの米『ニュー・アトラス』によると、グループ会社のヒュンダイ・グローバル・サービスが開発した人工知能「統合スマートシップ・ソリューション(ISS)」がルートと速度を決定し、これを受けて自律航法システムのHiNAS 2.0が船体を制御した。単純な最短ルートを選択したわけではなく、天候や波の高さによる影響が加味されたという。また、太平洋横断中、近隣にある他船の位置をAIが監視し続けた。海洋上のルールを遵守しながら、およそ100回におよぶ衝突回避操作をシステムが自動で行なった。

自律航行は技術的な面白さを秘めているだけでなく、国際政治にも意外な形で影響を与えそうだ。欧州は現在、ロシア情勢を念頭に、ロシア産LNGからの脱却を進めている。米フォーブス誌は、自律航法が海運のボトルネックを一定程度解消し、欧州の脱ロシアをある程度助ける可能性があると論じている。ただし、根本的にLNGの供給量が限られていることから、抜本的な改善は期待できないとも同誌は指摘している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

独VW、加オンタリオ州にバッテリーセル工場の建設検

ワールド

米司法省、テスラに運転支援システム関連の資料提出要

ワールド

米債務上限協議で具体案見込まれず、大統領・下院議長

ビジネス

アダニ中核企業の公募増資完了、不正疑惑でも投資家か

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 …

  • 6

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 7

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 9

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 10

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 5

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月