注目のキーワード

最新記事

人権問題

世界第2位の「強制労働製品輸入大国」──今こそ「ノー」と言うべき日本

A CALL TO ACTION

2022年5月26日(木)15時20分
アイリーン・リー、アナスヤ・シャム

中国政府の少数民族弾圧に対して、主要国は取り組みを強化する構えだ(新疆の綿花農場で作業する男性) AP/AFLO

<新彊ウイグル自治区では過去5年で100万人が拉致・強制労働させられている。中国の人権侵害に厳しい目が向けられるなか、経済制裁に加わっていないのはG7では日本だけ。「現代の奴隷制」になぜ日本政府は目をつぶるのか?>

世界のサプライチェーンから強制労働を排除する──G7は昨年10月の貿易相会合で採択した共同声明で、そう宣言した。世界で最も経済力のある7カ国は「ルールに基づいた多角的貿易体制において、強制労働の余地はない」と認めている。

強制労働を非難しただけではない。国際的サプライチェーンにおける強制労働の防止・確認・撲滅には、貿易政策が重要な役割を果たすとの認識も示している。

だが、G7の一角である日本は、こうした約束をいまだにはっきりとした行動に移していない。

強制労働に対する国際的取り組みを強化するというG7の声明は、中国政府がウイグル人ら少数民族への弾圧を続けるなかで出された。

中国の新疆ウイグル自治区では2017年以降、およそ100万人が拉致・拘束され、強制労働に従事していると指摘される。なかでも、少なくとも57万人の少数民族出身者が常時の監視の下、非人道的な環境で綿花の収穫作業を強制されてきた。

問題の大きさを受けて、アメリカやカナダ、ベルギー、オランダ、イギリス、フランスが中国による弾圧をジェノサイド(集団虐殺)や、生命と尊厳への最大の攻撃である「人道に対する罪」に認定している。

さらにアメリカでは昨年12月、ウイグル人の強制労働問題を焦点とする最も意欲的な法律の1つ、ウイグル強制労働防止法が成立した。同法は新疆が原産地の製品、または特定の企業・団体が新疆で生産した製品は全て強制労働の産物と見なし、アメリカへの輸入が自動的に禁じられることになっている。

ところが、日本は他国に手本を示すどころか、驚くほど不十分な行動のせいで眉をひそめられている。

G7各国のうち、中国の人権侵害に対する経済制裁に加わっていないのは日本だけだ。何もしない日本の態度は、サプライチェーンにおける強制労働への取り組みというコミットメントの本気度をめぐって、大きな疑問を招いている。

いい例が、今年2月1日に衆議院が賛成多数で採択した「新疆ウイグル等における深刻な人権状況に対する決議」だ。ウイグル人弾圧の全容を把握するために情報収集を行うべきだと指摘するにとどまり、強制労働問題を組織的かつ大規模な弾圧と捉えることなく、「深刻な人権状況」とぼかしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、日米韓の安保協力強化を批判 「アジア版NA

ワールド

ウクライナ東部最後の要衝巡り戦闘激化、陥落の可能性

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、5週間ぶりに減少=ベー

ワールド

中国が米国人の入国規制緩和へ、第3国経由の入国も可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 10

    エリザベス女王、もう我慢の限界! 医師を無視して…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 9

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月