注目のキーワード

最新記事

安全保障

フィンランドとスウェーデンのNATO加盟に「待った」かけるトルコ エルドアンの狙いは?

2022年5月19日(木)18時34分

フィンランドとスウェーデンが北大西洋条約機構(NATO)加盟という歴史的決断に踏み切る意向を表明した際、NATO側はロシアからの強烈な反発は予想したが、加盟国から異論が出てくる事態は想定外だった。写真はトルコ、スウェーデン、フィンランドの国旗とNATOの旗。同日撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

フィンランドスウェーデン が北大西洋条約機構(NATO)加盟という歴史的決断に踏み切る意向を表明した際、NATO側はロシアからの強烈な反発は予想したが、加盟国から異論が出てくる事態は想定外だった。

だが、14日にベルリンで開かれたNATO外相会合では、フィンランドとスウェーデンの外相を招いて欧州の安全保障に関する歴史が数十年ぶりに良い方向に書き換わるのを歓迎しようとするムードに、トルコが冷や水を浴びせた。

あるNATOの外交官はロイターに、トルコのチャブシオール外相がこの会合で見せたのは、祝賀姿勢と正反対の「危機モード」だったと指摘。その前日にはトルコのエルドアン大統領も、フィンランドとスウェーデンのいずれの場合もNATO加盟は支持できないと発言し、他の加盟国に衝撃を与えた。

チャブシオール氏はトルコが北欧2カ国のNATO加盟を受け入れるための条件を提示しただけでなく、スウェーデンのリンデ外相に対して声を荒げる場面があり、3人のNATO外交官は外交儀礼に反する「恥ずかしい」振る舞いだと苦言を呈した。

別のNATO外交官は「われわれにとって歴史的瞬間だったが、チャブシオール氏がリンデ氏の『フェミニスト的な政策』にいら立ち、大変な事態になった」と明かす。会合場所のドイツ外務省内が非常に緊迫した空気に包まれ、参加者の多くが沈黙を守って雰囲気を落ち着かせようとした、と当時の状況を説明した。

この外交官は「われわれは、トルコが実のところ何を望んでいるのか理解しようと努めた。本当に困ったことだった」と付け加えた。

トルコ側が掲げている主な要求は、北欧2カ国がトルコの反政府武装組織、クルド労働者党(PKK)への支援を止めることと、トルコ向け武器売却禁止措置の撤廃だ。

トルコ外交筋の1人は、チャブシオール氏が敬意を持ってトルコの姿勢をつまびらかにしたし、リンデ氏が主張するようなスウェーデンのフェミニスト的な外交政策がトルコによるNATO加盟反対の理由でもないと述べた。

同筋は「リンデ氏の発言は、スウェーデンのNATO加盟にとってプラスにならない。フィンランドから出された声明は、注意深く策定されている」と論評した。

スウェーデン外務省は、コメント要請に回答がなかった。

対話は継続

今月初め、NATOの複数の外交官はロイターに対し、NATO30カ国全てがフィンランドとスウェーデンの加盟について、安全保障上のメリットをもたらすので支持しているとの見解を示した。それだけに14日の外相会合がトルコによってしらけた雰囲気になったことには、なおさら意外感がある。

NATO諸国は対ロシアで一体となる態勢を生み出すため、記録的な速さで北欧2カ国の加盟を承認したい考えだった。だが、エルドアン氏は16日、スウェーデンとフィンランドの代表団は予定通りにトルコを訪れるべきでないと突き放した。

18日にはトルコ大統領府が、エルドアン氏の重要なアドバイザーの1人がスウェーデン、フィンランド、ドイツ、英国、米国の代表者と電話で話し合ったと表明した上で、トルコの期待が満たされない限り、NATO加盟手続きは進まないと言い切った。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

独政府、ガス料金の賦課金制度の導入目指す

ビジネス

米建設支出、5月は予想外に減少 民間住宅低調

ビジネス

米住宅業界、市場停滞で数千人解雇の恐れ

ビジネス

米ISM製造業景気指数、6月は2年ぶり低水準 新規

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 2

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 3

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 4

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 5

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 6

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    温暖化で新種のクマが誕生?──実は喜ばしくない理由…

  • 10

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月