最新記事

ウクライナ戦争

ロシア軍新司令官「シリアの虐殺者」は何者か 経歴、戦歴、東部戦線の見通し

Brutal New Commander

2022年4月18日(月)16時25分
ジャック・デッチ(フォーリン・ポリシー誌記者)、エイミー・マッキノン(フォーリン・ポリシー誌記者)

残虐な戦術で知られるドボルニコフを抜擢したプーチンの狙いはどこに TASS/AFLO

<シリアでは特殊部隊とヒズボラと傭兵を連携させ、学校や病院をほぼ毎日攻撃したアレクサンドル・ドボルニコフ。今後、ウクライナ東部ドンバス地方の戦闘は激烈なものになるとみられている>

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はウクライナ東部での大攻勢に備えて、兵站(へいたん)と指揮系統を立て直すためアレクサンドル・ドボルニコフを作戦全体を統括する司令官に据えた──それがアメリカと欧州各国の高官の見立てだ。

シリアへのロシアの軍事介入を指揮したドボルニコフは残虐な戦術で知られ、「シリアの虐殺者」の異名を取る。

ウクライナの首都キーウ(キエフ)周辺からの撤退とドボルニコフの司令官任命。この2つの動きで、ロシアは侵攻作戦の初期の失敗を暗黙のうちに認めたことになる。

今後東部のドンバス地方で繰り広げられる戦闘はこれまでの戦闘とは比べものにならないほど激烈なものになると、ウクライナと西側の高官は警告する。

「ドンバスにおける戦闘は第2次大戦を彷彿させるような大規模な戦いになるだろう」

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は4月上旬、NATO外相の会合で追加支援を訴えた後にそう述べた。

ロシア軍は北部ではウクライナ軍の激しい抵抗に遭いキーウ制圧に失敗したものの、ドボルニコフが指揮した南部では多少なりとも戦果が上がった。

それがロシア南部軍管区司令官のドボルニコフが侵攻作戦の統括を一任された理由の1つだと、米国防総省の高官は侵攻から1カ月半後の状況を見て匿名で指摘した。

米海軍分析センターのロシア軍の専門家、マイケル・コフマンも同意見だ。「ドボルニコフが率いた部隊の戦績はまだましだった」

侵攻作戦の第1段階で、ロシア軍はクリミア、ドンバス、そして北部と3方面から攻撃を開始したが、3つの作戦を統括する指揮系統はほとんど機能していなかった。

全体に目配りする戦域司令官はどこにいるのかと西側の政府関係者は必死に探したが、実戦部隊は主にモスクワからの司令で動いているようだったと、欧州の高官は匿名を条件に明かした。

「戦場で統括指揮に当たる司令官を任命した目的は明らかだ。より連携の取れた作戦行動を遂行するためだろう」と、この高官は言う。

「ただ、それが奏功するかどうかは、お手並み拝見というところだ。率直に言って、ロシア兵はその手の戦闘の訓練を受けていないし、このやり方はロシア軍のドグマ(教義)とも合わない」

シリアで実績を上げる

ドボルニコフはロシア極東のウスリースクで1961年に生まれた。10代で地元の軍学校を卒業し、その後ソ連時代の名だたる士官学校の1つ、モスクワのフルンゼ陸軍士官学校に入学。

初めて実戦を経験したのは、1999年に始まった第2次チェチェン紛争で自動化狙撃連隊を指揮したときだ。このとき彼はチェチェン共和国の首都グロズヌイが灰燼に帰すのを目の当たりにした。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米財務長官、訪中にオープン 「交流深める」

ワールド

トルコ、保険なしのタンカー通過認めず

ビジネス

米国株式市場=上昇、S&P5日続落に終止符 失業保

ワールド

クロアチア、シェンゲン協定参加へ ルーマニアとブル

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 4

    クロアチアの勝利に泥?イスラム教国で巨乳を誇示す…

  • 5

    急逝した異色の日本画家・加藤弘光は、なぜ世界を目指…

  • 6

    「驚異的かつ前例ない」宇宙で発電しマイクロ波で地…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    部活動指導に教師が長時間を費やすのは世界の非常識

  • 9

    野良犬を自爆犬にしてウクライナに送る案がロシアで…

  • 10

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 7

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 8

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 9

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 10

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月