最新記事

経済制裁

経済制裁でロシアのエネルギー支配は揺らぐか

Russia's Government Can Keep Running Despite NATO Sanctions, Ruble Collapse

2022年3月2日(水)19時19分
ジョン・ジャクソン

ウクライナ侵攻を受け、世界最大の石油会社エクソン・モービルは1日、ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン1」(写真)からから撤退すると発表した Sergei Karpukhin -REUTERS

<西側の金融・経済制裁で通貨ルーブルは史上最安値を更新したが、ロシアにはまだエネルギー収入の抜け道がある。だがロシアでのエネルギー開発から撤退する石油メジャーが相次ぐなど、支配体制に揺らぎも見える>

経済制裁がロシア経済を麻痺させ、モスクワの株式市場も一時取引停止に追い込まれるなか、ロシアの通貨ルーブルは2月28日、過去最安値を更新した。だが、ロシアが金融面で苦境に陥ったとしても、世界屈指のエネルギー供給国という立場のおかげで、ロシア政府は、軍事作戦の資金を今後も賄える可能性がある。

米国は28日、ウラジーミル・プーチン大統領によるウクライナ侵攻に対する制裁として、ロシア中央銀行への制裁を含む追加措置に踏み切った。2月24日未明に始まったロシアのウクライナ侵攻に対して実施されたすべての制裁措置により、ロシアではインフレが昂進し、投資家のロシア離れが進むはずだが、ロシア政府の機能停止までにはは至らないかもしれない。

「エネルギー関連の取引は、厳しい金融制裁から除外されるだろう。欧州へのエネルギー供給を継続させるためだ」。米国ワシントンのシンクタンク、ピーターソン国際経済研究所のシニア・フェローで、貿易と制裁の専門家であるジェフリー・ショットは、本誌にそう語った。

米財務省が28日に出した指令ではロシアに対する制裁が強化されたが、ロシアが関係するエネルギー関連の多くの取引は6月まで認められた。

バイデン政権は、ロシアのエネルギー取引に対して制裁を行えば、天然ガスなどのエネルギー価格がいっそう高騰するおそれがあると警告していた。米政府当局は、世界のエネルギー供給を乱す措置はとらないという決定を下したのだ。

ロシアに栄養補給続く

ピーターソン国際経済研究所のショットは、「欧米の制裁は全体として、ロシア政府とその軍事作戦の資金を枯渇させることを目的としている。エネルギー取引に関するこの適用除外は、当面、ロシアにとって栄養補給チューブになる」と言う。

新たな制裁によってロシアが金融面で痛手を受けることは間違いないが、2022年に入った時点で、ロシアには潤沢な資金があった。ロシアは2021年を、ほぼ70億ドルの財政黒字で終えた。専門家らは、その財政的な成功の理由として、税収の増加、予想よりも速いパンデミックからの経済回復、石油の高値を挙げている。

石油と天然ガスの売上は、2021年におけるロシア総予算の36%にあたる。ロシア中央銀行によれば、2021年におけるロシアの石油・ガスの輸出総額は4898億ドルに達したという。

米国も、「プーチンの石油」に大きく依存してきた。2021年に米国が輸入した石油のうち、ロシアからの供給量は、サウジアラビアに次ぐ第2位だ。ロシアのエネルギー資源に依存することを通じてロシアに資金を提供している国は米国だけではない。ウクライナ侵攻以前は、欧州が輸入する天然ガスのおよそ40%はロシア産だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 6

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 7

    「アルツハイマーになりたくなければフロスせよ」 北…

  • 8

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月