最新記事

ウクライナ侵攻

ウクライナ侵攻は「第一次情報大戦」 市民も草の根で対抗

2022年3月7日(月)18時25分
青葉やまと

ロシアの政治的抑圧と強制労働についてのマルチメディア展示があるモスクワのthe Gulag History MuseumのGoogle Mapに掲載されていた写真  (C)Google Maps

<Twitterや公式IT部隊を活用するウクライナと、情報封鎖に走るロシア。実戦のみならず情報戦が峻烈となった「ハイブリッド戦争」で、対局的な動きが目立つ>

ウクライナをめぐる攻防では、サイバー空間での応酬がかつてないほどの影響力をもつようになった。両陣営の政府や軍需産業、そしてインフラ企業などへの攻撃が熾烈になり、オンラインは物理的な戦場に次ぐ第2の主戦場となっている。

今日では海外の多数のメディアがが、実戦場とサイバー空間にまたがる「ハイブリッド戦争」に発展したと捉えている。英ガーディアン紙は、これは「第一次情報大戦」であると指摘した。

ウクライナ側レジスタンスのサイバー部隊は今後、ロシア側の鉄道および電力網を麻痺させる計画だ。インフラを狙い撃ちにすることで、ウクライナ領内に侵攻するロシア部隊への武器補給を食い止める思惑がある。英インディペンデント紙などが報じた。

鉄道関係ではすでにベラルーシの反体制派ハッカー集団が、同国内の鉄道の運行システムをダウンさせている。ロシア軍が演習のため入国するのを阻止する目的だ。ハッカーグループは「我々は完全にウクライナ人の味方だ」との声明を発表している。

また、これまでに国際ハッカー集団「アノニマス」がロシア政府のサイトを乗っ取り、反戦メッセージを掲載している。これとは別のグループもロシアのEV充電ステーションを機能停止させ、ロシアのプーチン大統領を批判するメッセージを表示した

ウクライナは公式IT部隊を発足 Twitterで海外から支援も

政府レベルでも、オンライン攻撃を重視する動きが活発だ。ウクライナのフョードロフ副大統領はTwitterで、IT部隊の創設を宣言した。ボランティアの技術者を募集したところ、IT技術者など有志3万5000人が応じ、メッセージアプリ「Telegram」の専用チャンネルを通じてタスクの割り当てを受けている。

フョードロフ氏はTwitterのメッセージを通じ、巨大IT企業の支援も取り付けてきた。スペースX社のイーロン・マスクCEOは氏の要請に応え、ネットの寸断されたウクライナで衛星通信の提供を始めた。他社もロシアでの各種サービスの提供停止などで追随している。

一方、サイバー攻撃はロシアのお家芸でもある。ロシアによるウクライナ政府および軍に対する攻撃は、侵攻後3日間で196%増加した。軍、国防省、銀行などが攻撃を受けている。英ガーディアン紙は、「この1週間で我々は、この戦争のいかに多くの部分がオンラインのさまざまな前線で争われているかを目撃してきた」と論じる。

これまでにもサイバー空間での攻防はシリア内戦などで一部展開されたが、今回の規模はこれを大きく上回るものだ。ニューヨーク・タイムズ紙は、ウクライナ侵攻ではすでに数百人単位のハッカーが両陣営の背後で動いていると述べ、「サーバー紛争の熾烈で予測不可能な展開を意味するものだ」と指摘している。

Googleマップを応用した草の根運動が広がる

個人で貢献しようというユーザーが多いのも、今回の特徴といえるだろう。Googleマップでは、レビュー機能を利用した情報戦がはじまった。ロシア各地の主要観光地のレビュー欄を開けば、レビューの形式を借りた反戦メッセージが表示される。あるレビューはロシア語で「料理はとても良かった! 残念なことにプーチンがウクライナを侵略したことで食欲が失せてしまった」と訴えている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ東部セベロドネツクが陥落、ロシアの「完全

ワールド

中国・習近平国家主席、香港返還25年式典に出席へ

ワールド

アングル:中絶の権利認めない米最高裁判断、立役者は

ビジネス

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 8

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 9

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 10

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月