注目のキーワード

最新記事

YouTube

「インターネット上で最も恐ろしい動画かもしれない」1300万再生の短編ホラー『The Backrooms』

2022年2月9日(水)14時50分
青葉やまと

16歳アーティストが手がけた恐怖凝縮の9分間......(動画は記事中に)Kane Pixels-YouTube

<ネット上の怪談をモチーフにした、リアルな恐怖動画が話題に。その仕掛人は、まだ16歳のVFXアーティストだ>

ある恐怖動画がYouTubeで公開され、海外のホラー好きを中心に大変な話題となっている。格段の恐怖を感じるとしてシェアが相次ぎ、再生回数は公開1ヶ月で1300万回を超えた。まるで熱にうなされた日にみる悪夢のような絶望感を、リアリティあふれる映像で再現している。

タイトルは、『The Backroom (Found Footage)』。直訳するならば「非公開研究所(発見された映像資料)」といったところで、あるアマチュア・カメラマンが90年代に収めたVHSテープという位置付けだ。

作中、意識を失ったカメラマンが目を覚ますと、そこは窓のないオフィスのような室内。黄ばんだ照明が薄暗く照らす視界には、壁と床だけのがらんどうのスペースが広がるのみだ。カメラマンは廊下に出るが、無機質な通路が果てしなく伸びているだけで、窓と出口は一切見当たらない。

「誰かいるか?」と呼びかけるも、先の見通せない空間に不気味に反響するばかり。恐る恐る深部へと足を進めるカメラマン。背後から何者かの気配。振り返ると廊下の奥に一瞬、明らかに人間ではない者の影が覗き......。

薄気味悪い館内で彼が出会うのは、奇怪な落書き、謎の記号、「動くな」との警告、そして絶えず響く獣のようなうめき声。動画は9分少々と短いものだが、異様な緊迫感に満ちている。

恐怖感とクオリティに脱帽

恐怖を凝縮した本作に、各方面から賛辞が相次いでいる。米ラジオ局のWPSTは、「インターネット上で最も恐ろしい動画かもしれない」「独自性のあるコンテンツを探し求めていたインターネット上のホラーファンたちを震撼させた」と述べ、戦慄の映像作品だと紹介している。

ライターのジェイソン・ヘラーマン氏は、映画関連サイト『ノー・フィルム・スクール』上で、「この数年間に観たなかでも、最もオリジナリティあるホラー作品だ」との賛辞を贈っている。「ただただ地獄のように恐ろしい」「視聴後1時間は心臓が胸から飛び出すかと思った」と感想を漏らす。ヘラーマン氏は脚本家でもあり、自身の脚本作品がサウス・バイ・サウスウエスト映画祭で上映された経験をもつ。

突発的な恐怖演出、いわゆるジャンプスケアが比較的少ないことも、作品の質を高く感じさせる要因だろう。開始1分も経たずに異質なバックルームの空間に迷い込むと、部屋の隅や廊下の角の向こうに何が待ち構えているのかという恐怖が画面を支配し、エンディングまで高い緊張感がそのまま持続する。

必ずしもずば抜けてショッキングな瞬間があるわけではないものの、音やビジュアルに繊細で巧みな変化を加えながら、緊張の糸を張ったまま9分間を走り切るショート作品だ。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月