最新記事

ウクライナ危機

「次の瞬間に何が起きるか...」 爆撃に怯えるウクライナ市民から届いた「現地」の声

Under Russian Assault, Kharkiv Kids, Pets Huddle on Subway Station Floor

2022年2月25日(金)18時00分
ニック・モードワネク

首都キエフの地下鉄駅に避難した人々 Viacheslav Ratynskyi-REUTERS

<爆撃音が響くウクライナ・ハリコフの町で、地下鉄駅に避難する市民が本誌に語った緊迫する現場の様子と、攻撃にさらされる彼らが本当に求めているもの>

ヴァレンティナ・ディロワは頭上で鳴り響く爆撃音を聞きながら、恐怖を感じつつも強い気持ちを失わずにいた。彼女は29歳のウクライナ人で、1年ほど暮らすハリコフ(ウクライナ北東部にある、首都キエフに次ぐ国内第2の都市)からメッセージアプリWhatsAppで本誌に連絡してきた。現在は、防空壕と化した地下鉄駅に避難している。

ロシア軍がウクライナに侵攻した後、ディロワを含む多くの人がこの地下鉄駅に逃げ込み、次の展開をじっと待っているという。人々は食料や水を分け合っている、とディロワは話す。「時おり」爆発音が聞こえてくる。人々は毛布で寒さをしのいでいる。

「私は一人ではない」とディロワは本誌に語った。「私は夫と一緒で、ほかにも数百人が避難し、爆撃に備えている。ロシア軍による次の攻撃のことだ。ペットを連れている人もいれば、子供や幼児と床に寝転んでいる人もいる」

「彼らはここで眠っている。眠ろうと頑張っている人もいる。力強さを維持しようとしている人もいる。コミュニケーションを取り、友達になり、懸命に励まし合っている人たちもいる」とディロワは続ける。

これからどうするのか、それはまだ決まっていない。とりあえずディロワは、今いる場所に周囲の人々と一緒にとどまるつもりのようだ。「あなたは眠れているのか」と質問したところ、眠ろうとしているが、体が眠らせてくれないという答えが返ってきた。

「いつ終わるのかさえ分からない」

「現時点で最も安全な場所は地下だ。いま外に出るのは安全ではない。公式ニュースやロシア国境付近の状況を見る限り、彼らはクリミアへと続く陸路をつくりたがっているようだ。彼らはクリミアを侵略し、その動きをエスカレートさせてきた」とディロワは語る。

ディロワは英語教師で、ウクライナ南東部のメリトポリやザポリージャからほど近いヤキミフカという村の出身だ。彼女自身は、周囲で死傷者が出たなどの情報は聞いていないと話す。

「人々に支えられていることを実感している」とディロワは話す。「最も恐ろしいのは、次の瞬間に何が起きるか、いつ終わるかさえわからないことだ」耳にする情報を鵜吞みにすることもできない、とディロワは感じている。正確な情報を得るのが難しく、意図的に間違った情報が流されている可能性もあるためだ。

ディロワによれば、10歳の弟と両親は、ウクライナ南部のロシア国境から近い場所にいる。「彼らは現在の状況を間近で体験しており」、ロシア軍がいる地域からも距離が近いため、積極的に連絡を取るようにしてきたという。最近では10歳の弟と話すことができたが、弟は「死にたくない」と言い、おびた状態だったという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

-ケニア元首相、大統領選の結果受け入れ拒否 「民主

ワールド

フィンランド、ロシア人向けビザ発給制限へ 9月1日

ビジネス

カーニバル、クルーズ予約急増 コロナ規制緩和で 株

ワールド

エストニア、一般のロシア人のビザ取り消しへ EU渡

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    激変する「成績が良い」の基準──世界に遅れていた日本の初等中等教育が変わる

  • 4

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 5

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 6

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 7

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 8

    【映像】社交的?馴れ馴れしい? 好奇心旺盛な子カ…

  • 9

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 10

    おぞましい伝説を持つスコットランド「殺人の洞窟」…

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月