最新記事

亡命中国人

スティーブ・バノンの盟友、恥知らずの中国系億万長者・郭文貴が自己破産

Bannon’s Billionaire Backer Guo Reveals He’s Bankrupt

2022年2月17日(木)17時36分
ジョン・フェン

バノンと共に記者会見に表れた郭。トランプ前大統領の広報担当者が作ったSNS、Gettrの出資者でもある(写真は2018年、ニューヨーク) Carlo Allegri-REUTERS

<中国、次いで米政府の高官にすり寄り、巨万の富を築いた政商が破産を申請。個人資産はわずか10万ドルとする一方、有名なヨットやマンションは自分のものではないと主張している

ドナルド・トランプ元大統領の首席戦略官を務めた極右・スティーブ・バノンのパトロンで、億万長者の郭文貴(クオ・ウエンコイ)がニューヨーク州の裁判所から債務の返済と多額の罰金の支払いを命じられ、自己破産を申請した。

裁判所は2月10日に法廷侮辱罪で5日以内に1億3400万ドルの罰金を支払うよう郭に命じていた。

郭は中国の高官と通じ、巨万の富を築いた政商だが、祖国で詐欺罪に問われてアメリカに亡命。その後は中国共産党上層部の腐敗を暴露し、反中の急先鋒バノンを資金的に支援してきた。トランプの元広報担当者が昨年立ち上げた保守系のソーシャルネットワーク、Gettrのスポンサーともなっている。

罰金の支払い期限の2月15日、郭は破産申請の書類に署名する模様を自撮りし、Gettrの自身のアカウントに投稿した。

マイルス・クオック、クオック・ホー・ワンの名でも知られ、祖国を追われた「反体制派」を自称する郭は、「生涯で初めて、自己破産を申し立てることになった」とGettrで述べた。

「中国共産党の迫害のせいで、私はとうとう破産者となった」そう嘆いてみせたが、祖国の迫害がなぜ破産を招いたか説明する気はないらしい。

差し押さえ逃れでヨットを出航

郭は2008年、自身の事業の資金として、香港のヘッジファンド「パシフィック・アライアンス・アジア・オポチュニティ・ファンド」から3000万ドルを調達したが、以後利払いも元本の返済も一切行わず、借金を踏み倒す気だと、ファンド側は主張。2017年に訴訟を起こした。この時点で利息と合わせて返済額は1億ドル以上に上っていた。

債権者らが目をつけたのは、郭の所有する超豪華ヨット「レディー・メイ号」だ。裁判所は2800万ドルの価値があるこのヨットをアメリカの司法当局の権限が及ぶ海域に停泊させるよう命じたが、郭はこれを無視。差し押さえを逃れるため2020年10月にヨットを出航させた。ニューヨーク州裁判所のバリー・オストレージャー判事によると、これは法廷侮辱罪に当たる。ヨットがアメリカ司法の管轄外にある限り、1日に付き50万ドルの罰金を科される。

レディー・メイ号は、2020年にその船上でバノンが別件で逮捕されたことでも注目を浴びたが、郭は裁判所に自分はこのヨットの所有者ではないと申し立てている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:ウクライナ陸軍の著名部隊、隊列強化へ独自

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 7

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 8

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロ…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中