最新記事

K-POP

新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画にARMYが大注目

BTS’ V Teases New Song On Instagram

2022年1月27日(木)11時57分
ジェニファー・マノンド
BTSのV

Kim Hong-Ji-REUTERS

<ミックステープ「KTH1」のリリースが待ち望まれるVが、インスタグラムに投稿した43秒の動画がファンたちの間で話題に>

BTS(防弾少年団)のメンバー、Vがインスタグラムに投稿した短い動画が話題になっている。まだ発表されていない曲を、彼自身が歌っているものだ。

『Butter』で世界を席巻する26歳の彼は、1月25日に43秒の動画を投稿。ピアノの伴奏に合わせてメロディアスな歌声を聞くことができるが、曲はまだリリースされていないトラックだ。

ARMYの総称で知られるBTSのファンたちの中には、以前から取りざたされているVのソロミックステープを思い浮かべた人も多かったようだ。ファンたちは「KTH1」という名前で呼ばれるVのミックステープのリリースを待ちわびていることもあり、今回の投稿で改めて示された彼の「美声」と音楽的才能を称賛する声が、ツイッターなどにあふれた。

昨年12月には新曲の予定を認める

Vの名で世界に知られるようになったキム・テヒョンは、昨年の12月の時点で、自身のインスタグラムページに未発表の音楽についてほのめかしていた。そこで投稿されたクリップには、ハワイで運転しながら、フォロワーたちが知らない曲に合わせて歌うVの姿を捉えられていた。

さらにその後、Vはインスタグラムのストーリーにインストルメンタルの動画を投稿。だがこの時は、ファンに対して新曲に取り組んでいることを認めた後で、すぐに動画を削除していた。

昨年にアメリカでのコンサートを大成功させたBTS全体での活動としては、3月のソウルでのコンサートで、ステージ上での再会を果たす予定だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国の投資信託、個人の敬遠姿勢が鮮明に 景気失速で

ビジネス

日銀、金融政策は現状維持の公算 物価上振れでも2%

ビジネス

ドイツ企業の対中投資、ゼロコロナ解除後も回復せず=

ワールド

中国がキューバにスパイ施設設立とWSJ報道、米・キ

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【動画・閲覧注意】15歳の女性サーファー、サメに襲われ6針縫う大けがを負う...足には生々しい傷跡

  • 2

    ウクライナの二正面作戦でロシアは股裂き状態

  • 3

    新鋭艦建造も技術開発もままならず... 専門家が想定するロシア潜水艦隊のこれから【注目ニュースを動画で解説】

  • 4

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生…

  • 5

    ロシア戦車がうっかり味方数人を轢く衝撃映像の意味

  • 6

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定..…

  • 7

    いま株価が上昇するのは「当たり前」...株高の「現実…

  • 8

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

  • 9

    ワニ2匹の体内から人間の遺体...食われた行方不明男…

  • 10

    BTSのSUGA、日本のファンに感謝伝える「アミシカカタ…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    ウクライナの二正面作戦でロシアは股裂き状態

  • 4

    【動画・閲覧注意】15歳の女性サーファー、サメに襲…

  • 5

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 8

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 9

    ロシア戦車がうっかり味方数人を轢く衝撃映像の意味

  • 10

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 3

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 4

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 5

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 6

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 7

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 8

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 9

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

  • 10

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中