最新記事

米ロ関係

極超音速ミサイルでロシアはアメリカを抜いたのか、それともウクライナ侵攻前のブラフなのか?

Has Russia Beaten the U.S. in the Hypersonic Missiles Race?

2021年12月6日(月)18時45分
ブレンダン・コール

NATOがウクライナに極超音速兵器を配備すれば報復すると言うプーチン Sputnik/Mikhail Metzel/REUTERS

<ロシアの極超音速ミサイルは、アメリカや中国が開発している最先端のものではなく、古い技術を組み合わせたハリボテだという見方もある>

ロシアのウラジーミル・プーチンは12月3日、海上発射型の極超音速ミサイル「ツィルコン」を来年、海軍の艦船に配備すると明らかにした。極超音速ミサイルは音速の5倍以上の速度で飛行する上に機動性も高く、既存のミサイル防衛システムでは迎撃が難しい。

プーチンはまた、いかなる形のNATOによるウクライナへの派兵も「レッドライン(超えてはならない一線)」を超えることになると発言、西側を強く牽制した。

ロシアは11月29日、ツィルコンの発射実験の成功を発表。相前後して軍部隊をウクライナ国境付近に集結させている。ロシア軍は4月にもウクライナ国境付近に部隊を集結させたことがあったが、ウクライナ侵攻への国際社会の危機感はその時以上に高まっている。

■ロシアの極超音速ミサイル発射実験


プーチンはNATOがロシア国境を侵犯していると非難してもいる。先ごろ出席した投資フォーラムでは、ロシアの隣国であるウクライナに西側の「極超音速兵器が配備され」、5分でモスクワに到達可能な事態になれば、ロシアも同様の対応を取ると述べた。

「今ならそれができる」とプーチンは述べ、極超音速ミサイルの開発競争でロシアが欧米より一歩先に進んでいることを示唆した。

ウェブメディアのポリティコによれば、米宇宙軍のデービッド・トンプソン将軍はアメリカの極超音速ミサイル開発について11月、ロシアや中国ほど「進んでいない」と述べたという。

ツィルコンの飛行速度はマッハ9、射程は1000キロメートルで、昨年1月に初めて軍艦からの発射実験が行われた。以降も、数回にわたって試験が行われている。

イージスを出し抜くスピード

「この兵器が通常兵器としてだけでなく核兵器としても使えるとすれば、(ロシアと)アメリカの間の核バランスが変わると思う」と語るのは、国際問題を扱うウェブメディア「1945」で安全保障問題を担当するブレント・イーストウッドだ。

「対艦ミサイルとしては、アメリカのイージス戦闘システムを凌駕するかも知れない」と、イーストウッドは本誌に語った。

「イージスは飛んでくるミサイルを迎撃するのに反応時間が8~10秒かかるが、その間にツィルコンは少なくとも19キロは飛んでいる。ツィルコンが偶発的に発射され、核攻撃の応酬の引き金を引く事態も心配しなければならない」とイーストウッドは述べた。

「ロシア側にとっては魅力的な武器だ。ミサイル開発の技量を示せるし、プーチンのプロパガンダに利用できる」

プーチンは2018年3月、連邦議会で「スーパー兵器」と称される核兵器搭載可能な5種の武器の開発計画を発表した。だがツィルコンはその中には含まれていない。

スーパー兵器のうち、大型ICBM(大陸間弾道ミサイル)のサルマート、極超音速滑空兵器のアバンガルド、水中ドローン(無人機)のポセイドン、原子力巡航ミサイルのブレベストニクの4つはいずれも射程が長く5000キロ超の戦略兵器だ。残る1つのキンジャールは極超音速空対地ミサイルで射程はもっと短く、準戦略兵器に分類される。


■ロシアの新型ICBMのサルマートは多数の弾頭を搭載できる

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線をかっさらう

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 6

    やりすぎ? 魅力的? キム・カーダシアン、「想像の…

  • 7

    「アルツハイマーになりたくなければフロスせよ」 北…

  • 8

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 9

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 10

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月