最新記事

朝鮮戦争

バイデン政権、南北朝鮮の「終戦宣言」に舵切る 文政権と連携

Biden Commits to North Korea Peace as U.S., South Korea Discuss Ending War

2021年11月30日(火)18時32分
トム・オコナー

「終戦宣言は、平和体制への扉と見なすことが可能だ」とこの高官は述べた。「終戦宣言は実際的かつ実用的なアプローチを行うための、きわめて有効なツールになり得る。これを使って南北朝鮮とアメリカが、すぐに何らかの出費や軍事体制の大幅な変更、法律・制度面の変更を迫られることなく、信頼を築き対話を始めることができる可能性がある」

終戦宣言は「核兵器の開発をはじめ、韓国と北朝鮮の間に軍事的な緊張状態をつくる理由や動機を和らげることにもなる」という。

アメリカをはじめ国際社会の大半は、北朝鮮による核兵器の開発や実験に強く反対しており、国連安保理を通して北朝鮮に制裁を科している。北朝鮮は2018年の和平プロセスに先立ち、核実験と長距離ミサイルの発射実験を中止。現在も再開はしていないが、射程距離がより短い兵器については、その後も何度も発射実験を行ってきた。

トランプ時代の対話は上手くいかなかったが、文はその後も北朝鮮との緊張を緩和し、和平協議を再開するための取り組みを続けてきた。戦争終結に向けた南北朝鮮の意欲は、少なくとも2つの主な宣言に記されてきた。2018年4月に文在寅と北朝鮮の最高指導者である金正恩による南北首脳会談の後に出された共同宣言と、その前に行われた最後の南北首脳会談である、2007年10月の会談後に出された共同宣言だ。

金与正「興味深い」と一定の評価

前述の韓国統一省の高官は、この2つの宣言の抜粋を本誌に提供。彼によれば、文が9月の国連総会での演説などで、朝鮮戦争の終戦宣言を呼びかけたことに対して、北朝鮮側からは前向きな反応があったという。

「北朝鮮は最近、終戦宣言を受け入れる条件として、(韓国の軍備増強は平和のためだが北朝鮮のそれは挑発とする)二重基準と敵視政策を撤回することを求めたが、前向きな反応も示している。(金正恩の妹である)金与正は9月24日に発表した声明の中で、朝鮮戦争を正式に終結させるという文在寅の提案について、『興味深く、良い発想だ』と述べている」とこの高官は述べた。

金与正が終戦宣言について、文の考えを前向きに受け止めたことは、トランプとの和平協議が決裂して以降、北朝鮮が取ってきた強硬路線からのシフトと見なされた。金与正が声明を出したすぐ後、金正恩は南北間の通信連絡線を再開する意向を表明。10月4日に、通信連絡線が再開された。

また金正恩は、10月に国防発展展覧会で行った演説の中で、韓国がアメリカと合同軍事演習を行ったことを厳しく非難し、自衛のために今後も兵器開発を推し進めると主張。だが一方で、北朝鮮の軍備増強は韓国を標的として行うものではないとも述べた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物1%超高、堅調な米経済指標受け

ビジネス

スポティファイで障害、数千人に影響=分析サイト

ビジネス

米バズフィード株急騰、コンテンツに「チャットGPT

ワールド

仏外相、ウクライナ南部オデーサを訪問 インフラ攻撃

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家族に届ける「噛まれた跡はない」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 5

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 6

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 10

    ロシアは多くの国家に分裂し、中国の弱い属国になる

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の…

  • 5

    ウクライナの航空戦力増強にはパイロットごと米軍機…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

  • 8

    ドイツの最強戦車「レオパルト2」を大量供与しなけれ…

  • 9

    ヘンリー王子、事実誤認だらけの「プライベート切り…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月