最新記事

追悼

韓国の先進国への道を開いた「盧泰愚」を、国民はどう評価しているか

Unusual Ordinary Man

2021年11月3日(水)14時13分
浅川新介(ジャーナリスト)

盧泰愚元大統領の国家葬(10月30日、ソウル) Kim Min-Hee/Pool via REUTERS

<軍人政治を終わらせて民主化を実現しながら、最後は収監された盧泰愚元大統領とその時代をしのぶ>

現代史の軌跡に、韓国人の心が改めてかき乱されている。1988年から93年まで大統領を務め、10月26日に死去した盧泰愚(ノ ・テウ)の死をどう受け止めるべきか。

朴正熙(パク・チョンヒ) 、全斗煥(チョン・ドゥファン)と続いた軍人政治を終わらせ、88年のソウル五輪を平和の祭典として成功させた。「北方外交」と称して、ソ連や東欧など旧共産圏諸国や中国と国交を結び、韓国の国際空間での活躍の場を広げた──。韓国国外ではこういったイメージが強い。

盧は25年に及んだ軍人生活で、一貫して全を支えた。全の信頼は厚く、自ら就いた主要な職責の多くを盧に引き継いだ。盧のナンバー2という立場が一気に変化したのは、大統領の直接選挙制を求める民主化運動が最高潮に達し、やむにやまれず大統領候補の立場で自ら発表した87年6月の民主化宣言だった。

軍人らしいこわもての全とは対照的な、温和な表情の盧が発した民主化公約は国内外に好印象を与えた。87年12月の大統領選でアピールした「普通の人」というイメージは、当選の原動力ともなった。

しかし、盧は79年に全が起こしたクーデターの首謀者の1人であり、80年に多数の死者を出した光州事件の鎮圧にも直接的な責任がある。軍人政権に終止符を打った文民的なイメージと、国民弾圧に加担した軍人としての経歴。指導者としての二面性は韓国の現代史に強く刻まれているところだ。

全斗煥には曖昧な処分しかできず

盧の政治手法はよくいえば臨機応変で柔軟、悪くいえば優柔不断で、硬軟のはざまで揺れ動くのが彼の政治スタイルだった。

全斗煥政権の不正腐敗と民主化運動弾圧を調査する国会聴聞会が開かれると、徹底追及を望む世論と全への義理のはざまで揺れ、揚げ句に全の山寺への追放という曖昧な処分をする。

その判断が、盧の後を継いだ民主化の闘士・金泳三(キム・ヨンサム)元大統領による徹底した「歴史の正しい立て直し」へとつながっていく。結局、自身の光州事件などの責任を問われ、全と共に法廷に立たされることになった。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

トランプ前米大統領、支持者に献金募る FBI家宅捜

ワールド

米で中国対抗半導体法が成立、バイデン氏署名 「一世

ワールド

東京都で3万4243人の新型コロナ感染確認、17人

ビジネス

資生堂が通期下方修正、国内市場の回復遅れ 中国の都

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 8

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月