最新記事

スポーツ

バイルズの棄権で米女子体操が得た金メダルより大切なもの

Jordan Chiles Applauds Simone Biles, Silver Medals Are 'Because of Who She is as a Person'

2021年7月28日(水)18時50分
マギー・ジャイル
銀メダルで喜ぶバイルズ

バイルズ(右)の棄権で銀メダルに落ちたけど米女子体操チームは大喜び Mike Blake-YouTube - REUTERS

<心の健康を保つためにみずから団体決勝の演技を棄権したシモーネ・バイルズの大きな決断は、体操だけでなくスポーツ界に貴重な変化をもたらすかもしれない>

東京五輪の体操女子団体で準優勝したアメリカのジョーダン・チャイルズ選手はシモーネ・バイルズ選手を称え、アメリカチームの勝利はバイルズのおかげだと語った、とAP通信は伝えた。

「このメダルは間違いなく、バイルズのもの」と、チャイルズは言った。「もし彼女がいなかったら、私たちはこの場にいなかったし、銀メダリストにもなれなかった」

「あなたはすばらしい」と、チャイルズはバイルズを称えた。「すべてはあなたのおかげ」

それはおかしい。体操界の大スターで金メダルの期待がかかったバイルズは、団体決勝を1種目で棄権した。アメリカが銀に甘んじることになったのもそのためだ。だがチャイルズは喜んでいる。バイルズが、女子体操界の未来のためにタブーを破ってくれたからだ。自分が壊れることを知りながらも、メダルのために演技を続けなくていいという前例を作ってくれたからだ。

以下にAP通信による報道を引用する。

シモーネ・バイルズは、アメリカ体操界のトップ選手として、そして今回の大会でもスターになるべく東京に到着した。プレッシャーに対する用意はできていると確信していたし、大きな期待という重荷を背負う覚悟もあると思っていた。

ただ、27日の夜に女子体操団体の決勝が近づくにつれて、何かおかしいという感じがした。世界の体操史上最も偉大な選手と目されているバイルズは、それが何かを知っていた。

以前は何度も、頭に忍び込んだ疑念を押し殺した。でも今回バイルズは、これ以上続けるのは無理だと判断した。ここで終わりにしよう。少なくとも今は。

自分の心と体を守る

アメリカ女子体操界のスターは団体決勝の1種目を終えたところで試合を棄権し、ロシア・オリンピック委員会(以下、ロシア)に、約30年ぶりの優勝を譲り渡した。

そしてアメリカ女子体操チームの残ったメンバー、ジョーダン・チャイルズ、スニサ・リー、グレース・マッカラムの3人が、アメリカに銀メダルをもたらした。白いスウェットスーツを着たバイルズは彼女たちの演技を横から応援した。今回の決断は、バイルズを変えた。それだけでなく、体操というスポーツにも新たな変化をもたらすだろう。

「私たちは自分のことに注意を向けなくてはならない。結局のところ私たちは人間なのだから」と、バイルズは語った。「やみくもに外の世界に出て、求められていることをするという姿勢ではなく、自分の心と体を守らなければならない」

リーは段違い平行棒でバイルズをもしのぐ素晴らしい演技を披露し、それに刺激を受けたアメリカチームは、3種目が終わった時点で1位に0.8ポイント差のところまで詰め寄った。だがロシアは床の演技を堅実にまとめた。そして21歳のアンジェリーナ・メルニコワの得点が、1992年のバルセロナ五輪以来約30年ぶりの金メダルを確実にした時、ロシアチームは歓喜に沸いた。

「不可能なことが可能になった」と、メルニコワは言った。

だが、番狂わせはこれだけではなさそうだ。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア

ビジネス

NY外為市場=ドル指数横ばい、週足では年初来初の下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 10

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中