最新記事

人権

日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

2021年6月9日(水)18時30分
袁成驥(えん・せいき)

拘束から2年経っても裁判は始まらず

父は吉林省にある吉林大学を卒業後、一橋大大学院の博士課程を修了。北海道教育大学に社会科教育の教員として27年間勤めていた。私から見て、父はとても真面目で厳格な性格だった。私が小さい頃から、父はどんな小さな嘘も許さない人であった。私が何か過ちを犯した時にそれ自体をとがめられることは全くなかったが、その過ちを隠そうとごまかしたり嘘をついたりした時には、容赦なく叱られた。また、父は厳しい性格ではあったが、勉強しなさいなどといった小言の類を、私は一度も言われた記憶がない。

父が常に強調していたのは、「周りに流されず、常に自分自身の頭で物事の是非を判断しなさい」ということだ。父はそういった誠実さや自主性を何よりも大事にしていた人であり、その教えは今の私にも深く染み付いている。だからこそ、今回、父がスパイ容疑で拘束されていることが全く信じられない。父の実直な人柄を知っている人は皆誰しもそう思っているはずだ。

事実、父が2019年5月に拘束されてから2020年3月に中国外務省報道官が初めて拘束を認めるまでの間、中国の検察は、証拠不十分という理由で父の起訴を二度も取り下げていた。拘束から2年以上が経った今も、未だに裁判すら始まっていないのは、父のスパイ容疑を立証する証拠が実際にはないからなのではと私は確信している。

これまで中国外務省報道官は父の拘束について、「本人が自白した。証拠は明らかだ。法的権利は保障されている」と公言している。しかしながら、実際の状況は真逆である。先述の通り、中国当局はこれまで一度もスパイ容疑の具体的な詳細について開示していない。そして、今年2021年5月9日に弁護士が初めて父と接見するまで2年近くもの間、私たち親族や弁護士はただの一度も父と接見することが出来なかった。今後、再び弁護士が父と接見できるのかどうかも分かっていない。父本人が弁護士と会うことすらままならない状況で、どんな法的権利が保障されるというのだろうか。

また、一度父と接見した弁護士によれば、父は容疑を否認しており、裁判で全面的に争う意向を示したという。長期間の中国当局の取り調べに屈せず、父は1人、自身の潔白を主張し続けている。中国国内ではこのようにスパイ容疑をかけられた時に、あえて自ら罪を認め、早期に釈放される人も少なくないと聞く。しかし、父はそうするつもりはないのであろう。

自身の正しさを貫く父の姿勢、その実直さを私は心から尊敬している。だからこそ、中国国内で耐え続けている父を、私は一人にさせたくはない。無実にも関わらず、解放のめどが全く立たないまま拘束され続けている父を、私は助けたい。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

仏ケリング、第2四半期売上高がほぼ倍化 コロナ制限

ワールド

モデルナ、米国外でワクチン供給に遅れ

ワールド

米州や企業によるコロナワクチン接種義務化、拡大の公

ビジネス

米ケース・シラー住宅価格、5月は17%上昇 16年

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよくする」ことが体をゆがませる

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 7

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    ネコは箱の中がお好き......それが「錯覚」であって…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月