最新記事

アメリカ政治

米司法省、ニューヨークタイムズ記者のメールログ入手で報道禁止令

2021年6月7日(月)09時25分
ニューヨークのNYT本社

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は4日、米司法省がトランプ前政権とバイデン政権下で同紙記者4人の電子メールのログを得るため「秘密裡に司法闘争を展開していた」と報じた。写真はニューヨークのNYT本社。2010年3月撮影(2021年 ロイター/Lucas Jackson)

米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は4日、米司法省がトランプ前政権とバイデン政権下で同紙記者4人の電子メールのログを得るため「秘密裡に司法闘争を展開していた」と報じた。同社幹部に対して報道禁止命令が出されたこともあったという。

4人の記者の電子メールのログを得るための司法闘争はトランプ政権の末期に始まり、記者の情報源を把握することが目的だったという。

同紙は、同紙顧問弁護士のデービッド・マックロー氏を引用し、「トランプ政権はタイムズ側にこの試みについて一切伝えていなかった。バイデン政権も今年、この闘争を継続。タイムズの一部幹部に伝えたが、一方で報道禁止命令を出して公にならないようにした」と指摘した。

禁止命令があったため、同社幹部はディーン・バケット編集長や他の編集幹部に対しても政府側の試みについて明らかにできなかったという。

マックロ―氏は同紙記事の中で、報道禁止令は3月3日付で、現在は連邦裁により解除されているとした上で、前例がないものだと指摘した。

司法闘争は、司法省が同紙の電子メールシステムを運用しているグーグルから4人のメールのログを入手しようとしたことで争われた。グーグル側は、司法省の要請に抵抗したという。

司法省は、ロイターのコメントの求めに直ちに応じなかった。

同省報道官は同紙に対し、バイデン政権下で同省は報道禁止令の執行を遅らせ、その後、「情報が提供される前に自発的にこの命令を取り下げた」と述べた。

グーグルの広報担当者はロイターに対し、「顧客のデータ保護に全力を挙げており、司法が絡む要請については長年顧客に連絡するようにしてきた」と述べた。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2021トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に
・新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?
・世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

世界の平均気温が史上最高、2日連続で記録更新=EU

ビジネス

焦点:日銀利上げ、円安にらみ政権・与党内で議論百出

ビジネス

日銀、国債購入3兆円程度に違和感なし 利上げ時期は

ビジネス

英総合PMI、7月速報値は52.7に上昇 予想上回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中