最新記事

臓器提供

9歳の少年が落雷で死亡...臓器提供で3人の命を救い、哀悼の意と称賛が集まる

9-Year-Old Boy Killed by Lightning Strike, Has Organs Donated to Three Children

2021年5月15日(土)15時56分
カシュミラ・ガンダー
落雷で亡くなった少年ジョーダン・バンクス

ジョーダン(中央)を失う悲しみは言葉では言い表せないと父親のマットは語った Facebook

<悲劇的な事故で亡くなったサッカー少年への哀悼がリバプールFCなどからも届き、他人を思いやる行動への賛辞も寄せられている>

5月11日、イギリス中部の港町ブラックプールで、9歳の少年が落雷を受けて命を落とした。警察によると、ジョーダン・バンクス少年はサッカー場で落雷を受けて搬送された病院で息を引き取ったという。

そのジョーダン君に、哀悼の意と共に称賛の声が寄せられている。彼の臓器が提供され、移植によって3人の子供の命を救ったことが明らかになったからだ。イングランドでは、両親や保護者の同意があれば子供も臓器のドナーになれる。

父親のマット・バンクスが別のフェイスブックユーザーを通じて公開した声明は、彼の息子は「これまでも今も、最も寛大な心を持った最も素晴らしい子供であり、誰かのために何でもやれる子供だった」としている。

「今もなお、彼の優しさは別の3人の子供が生き続ける助けになっている。いつも彼は他の誰かの助けになりたいと語っており、それがドナーになることであればそうしたいと希望していたので、それに従って臓器を提供した」

マット・バンクスの声明は、彼ら父子の写真とともに公開された。「この悲しみを言葉で言い表すのは無理だ。子供を失ったというだけでなく、最高の小さな親友を失ってしまった」「僕らは座って何時間も彼の将来について話し込んだ。彼は僕が何と呼ばれたがっているかを聞いてきて、それで僕らは『パピ』という呼び名にしようと決めたんだ」

ファンだったリバプールFCからメッセージ

クリフトン・レンジャーズ・ジュニア・フットボール・クラブでプレーするサッカー少年だったジョーダンへの賛辞の声は、彼が大ファンだったリバプールFCからも寄せられた。またリバプールの選手たちは、13日の試合前練習で全員が「ジョーダン」という名前と、彼のクラブでの背番号だった7番が付いたユニフォームを着用した。

また英下院議員のナイジェル・エバンスは議会で「議長及び英国議会を代表し、彼の家族とクリフトン・レンジャーズ・ジュニア・フットボール・クラブのすべてのチームメイト、彼のすべての友人に哀悼の意を表したい。英国議会の心と愛を、あなた方すべてに送ります」と語った。

警察が発表したジョーダンの家族の声明は次のものだった。「昨日、私たちの世界は止まりました。私たちの美しい少年ジョーダンという最も輝かしい星を失いました。彼の笑い声、他の人まで笑顔にさせる笑い顔、金色のカールした髪の毛。彼は私たちのすべてでした。年齢よりも賢く、優しく、思いやりがあり、寛大で、愛情深かった」

「私たちの愛は永遠です。おやすみなさい、美しい少年」

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米ボーイング、737MAX新型機が初飛行 23年就

ワールド

香港、中国本土との統合深化目指す=林鄭月娥・行政長

ワールド

ECB、戦略見直しで進展 物価目標など議論=ラガル

ビジネス

流動性引き締めの「憶測」に警告、中国人民銀行系の金

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 8

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 9

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月