最新記事

ワクチン外交

バイデン政権、遅ればせながらワクチン外交に参入 8000万回分を無償供与

China Accuses Biden Administration of Suspicious Intentions After Plan to Donate Millions of COVID Shots

2021年5月19日(水)20時31分
マシュー・インペッリ
アストラゼネカ製ワクチン

アメリカが無償供与するワクチンの1つ、アストラゼネカ製ワクチン  Sergio Perez-REUTERS

<ワクチン外交で先行する中国が、さっそく「アメリカの動機のほうが疑わしい」と噛み付いた>

ジョー・バイデン米大統領は5月17日、新型コロナウイルスのワクチン8000万回分を6月末までに国外に無償提供することを発表した。すると中国は翌日、ワクチン提供の意図が疑わしい、とバイデン政権を非難した。

18日の記者会見で、中国外務省の趙立堅(チャオ・リーチエン)副報道局長は、「中国がワクチンを供与するたびに、アメリカはそれをとやかく騒ぎ立ててきた。アメリカの真意や動機のほうが疑わしい」と語った。

「アメリカとは違って、中国は世界に影響を与えたり、世界をリードしたりするためにワクチンを利用しない。また、中国は具体的な行動をせずに、無駄話にふけることもない。中国の目標はただ一つ。発展途上国において、より多くの命を救うことだ。われわれの支援に、地政学的な課題や政治なしがらみが伴うことはない。国籍や人種に関係なく、すべての命が重要だから、人々の命を助けるために全力を尽くす」

好意を得るためではなく

今回のワクチン無償供与について、ホワイトハウスは17日に以下のような公式声明を出した。

「今日、大統領は国際協調によるワクチン接種に率先して取り組むという公約を再確認し、ワクチン8000万回分 (以前に国外への提供が発表された英アストラゼネカ製ワクチン6000万回分に加えて、アメリカで認可されている各社のワクチン2000万回分)を6月末までに他国へ寄付する」

アストラゼネカ製ワクチンはまだアメリカ国内での使用が承認されていないが、カナダとメキシコには既に約450万回分を提供している。

何千万回分ものワクチンを他の国に寄付する計画について、ホワイトハウスは声明の中で「アメリカは他の国々の好意を得るためにワクチンを利用したりはしない」と主張した。同日、この発表について語ったバイデンは、中国やロシアなどワクチン供与で先行している国々にも触れた。

「現在、ロシアと中国がワクチンを利用して、世界の国々に恩を売ろうとしているという噂がずいぶん流れている」と、バイデンは記者会見で述べた。「アメリカは自らの価値観で世界を導きたい」

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル軟調、FRBのハト派姿勢消化

ビジネス

独、9月にワクチン追加接種開始 ファイザーとモデル

ビジネス

米ISM製造業景気指数、7月は59.5 2カ月連続

ビジネス

米、ロシアに外交官24人の国外退去要請=アントノフ

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 3

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 4

    「エッ、これが最後ニャの?」 トウモロコシ・大豆相場…

  • 5

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 6

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 7

    地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を…

  • 8

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 9

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 10

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月