最新記事

バイデン増税

キャピタルゲイン増税案をめぐるウォール街と米政府の攻防

2021年4月27日(火)18時23分
ジェンキンス沙智(在米ジャーナリスト)

バイデンは28日、上下両院合同会議で行う就任後初の演説で増税案を発表する予定 Jonathan Ernst-REUTERS

<バイデン大統領は富裕層に対するキャピタルゲイン税率の倍増を提案へ。一部州では税率が50%を超える可能性も>

米国市場ではここ数日、バイデン大統領が今週打ち出す見込みのキャピタルゲイン(資産売却益)増税案が話題の中心となっている。

報じられたところによると、バイデン大統領は育児や教育支援などを柱とする新たな経済対策「米国家族計画」の財源として、年間所得が100万ドルを超える富裕層のキャピタルゲイン税率を現行の20%から39.6%に引き上げることを提案する。

一定以上の所得に課せられる純投資所得税(NIIT)の3.8%を上乗せすると合計税率は43.4%に上るほか、独自のキャピタルゲイン税を設けているニューヨーク市やカリフォルニア州では合計税率が50%を超える可能性がある。

米政府は異例の反撃に

当初の報道を受けてS&P500株価指数は1ヵ月以上ぶりの下げ幅を記録し、改善基調にある米経済成長への打撃に対する懸念から米国債利回りも低下した。市場の動揺は長続きせず、翌日には株価が反発したものの、今週に入ってもこの増税案に連日噛み付いているのがウォール街やシリコンバレーの機関投資家らだ。

著名ベンチャーキャピタリストのティム・ドレイパー氏はツイッターで「43.4%のキャピタルゲイン税は米国/シリコンバレーという金の卵を産むガチョウを殺すことになりかねない」と非難し、「50%を超えれば雇用創出の死を意味する」と畳み掛けた。

さらにその後のCNBCとのインタビューでも、韓国と北朝鮮の経済格差を例に挙げ、社会主義的な政策は生産性を悪化させて経済を毀損すると主張。増税は人々のやる気を奪うとしたうえで、「偉業を成し遂げるには自由が必要だ」と持論を展開した。

このほか、資産運用大手グッゲンハイム・パートナーズの最高投資責任者、スコット・マイナード氏はフィナンシャル・タイムズに対し、バイデン氏の提案は「おそらく税収の経時的な減少につながり、長期投資に資金を回す意欲を削ぐことになる」と危惧した。

こうした批判を受けて、ホワイトハウスは26日、まだ増税案が正式に発表されていないにもかかわらず異例の反撃に出た。ジェン・サキ大統領報道官は26日の定例記者会見に米国家経済会議(NEC)のブライアン・ディーズ委員長を招き入れ、バイデン大統領が年間所得100万ドルを超える納税者を対象にキャピタルゲイン増税案を打ち出す方針を確認した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

世界のコピー商品横行、主体は中国 米通商代表が改め

ワールド

米、20億ドル強のウクライナ軍事支援用意 長距離砲

ワールド

ロシア、バフムト近郊の集落制圧と主張 東部で激戦続

ワールド

米、イランの7企業・団体に輸出規制 ロシア向けに無

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 3

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうやって見る?

  • 4

    「服と関係ない」「不快」 裸のモデルの胸に手術跡..…

  • 5

    12歳子役の「最低主演女優賞」候補入りに批判殺到 …

  • 6

    メーガンの「おふざけ」とは大違い? ダイアナが見せ…

  • 7

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 8

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 9

    卵1パック974円──アメリカで超高級食材になってしま…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 5

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 6

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 7

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 8

    英国の伝統を侮辱? メーガン「ふざけたお辞儀」に大…

  • 9

    ロシアが誇る最新鋭T-14戦車ついに戦場へ? だが現場…

  • 10

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 9

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月