最新記事

ヘイトクライム

アジア系男性が激しい暴行で重症、NY市警が動画を公開

Asian Man in Coma After Being Brutally Assaulted in NYC, Mayor Vows Suspect Will Be Caught

2021年4月26日(月)16時27分
ナタリー・コラロッシ
ニューヨーク市警が公開した暴行の動画

犯人逮捕のためニューヨーク市警が公開した動画のキャプチャ画像(4月23日)NYPD Hate Crimes/TWITTER

<全米でアジア系に対する暴力事件が頻発するなか、空き缶を拾っていた男性がいわれなき犯行の犠牲に>

ニューヨークでまたアジア系の男性(61)が激しい暴行を受け、昏睡状態にある。ビル・ビル・デブラシオ市長は犯人を逮捕すると怒りをあらわにした。

中国からの移民ヤオ・パン・マーは4月23日の夜、イーストハーレムで空き缶を集めているところを襲われた。ニューヨーク市警によれば、被害者は背後から近づいてきた何者かに「背中を殴打され、地面に倒れた」。「被害者が倒れると、犯人は被害者の頭を何度も蹴り、踏みつけ、徒歩で逃げ去った」という。

NY市警はこの痛ましい事件の動画を公開した。そこには地面に横たわって動かないマーを犯人が繰り返し踏みつける様子が映っていた。

ABC7ニュースの報道によれば、意識不明の状態で倒れているマーをバスの運転手が発見し、通報によって警察官が現場に駆け付けた。

マーはハーレムの病院に移送され、脳挫傷と顔面骨折が確認された。現在は人工的な昏睡状態にあると、とニューヨークポストは報じている。マーの家族も彼の現在の容態を確認した。

デブラシオ市長は事件の翌日、「言語道断の事件だ」とコメントした。

「とんでもない行為だ。われわれは絶対に加害者を見つけ、法律の及ぶ限りの厳罰に処する。この悪質なヘイトクライムに関する情報があれば、直ちにNY市警に連絡してほしい」と、デプラシオはツイートした。

止まらない憎悪犯罪

マーの家族がABC7ニュースに語ったところでは、マーは2年前にニューヨークに移住し、新型コロナウイルスの大流行のせいで仕事を失った後、少しでも金を稼ぐために空き缶を集めていた。

「私たちはショックで呆然としている。怖くてたまらないし、やり場のない気持ちだ」と、家族は言う。「叔父はとても静かな人で、働き者。トラブルを起こすような人ではない」と、マーの姪はインタビューに答えた。

マーがアジア系であるがゆえに標的になったのかどうか、警察はまだ断定していない。だがこの事件は現在、NY市警の憎悪犯罪課と第25管区の署員によって捜査されている。

「容疑者は黒人の成人男性とみられている。最後に目撃されたときは、黒いジャケット、黒いズボン、白いスニーカーと多色使いの野球帽をかぶっていた」と、警察は本誌に語った。

全米でアジア系に対する憎悪犯罪が増加しているなかで、この事件は起きた。

カリフォルニア州立大学サンバーナーディーノ校の「ヘイトと過激思想研究センター」が3月に発表した報告書によると、アメリカの16大都市におけるアジア系に対する憎悪犯罪は昨年、前年比で145%増加した。報告書では、ヘイトクライムが増加する原因の一端は「新型コロナウイルスから連想されるアジア人に対するネガティブなステレオタイプ」にあるとしている。

ニュース速報

ワールド

米上院商業委、国内の技術開発支援法案を承認 中国に

ワールド

新型コロナワクチンの生産能力2倍に拡大を、国連事務

ワールド

米コロニアル、パイプラインの再稼働開始 供給正常化

ビジネス

FRB、大手行に気候変動リスクの情報提供を非公式に

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月