最新記事

AI

ニルヴァーナ、ドアーズ、ジミヘン、A・ワインハウスが新曲!? AIがよみがえらせた

2021年4月16日(金)18時00分
松丸さとみ
ニルヴァーナのカート・コバーン

ニルヴァーナの曲をAIが学習し、新たな曲が作られた (写真は2018年「カート・コバーン展」にて REUTERS/Clodagh Kilcoyne) 

<若くして亡くなった伝説のロック・ミュージシャン、カート・コバーン、ジム・モリソン、エイミー・ワインハウス、ジミ・ヘンドリックスの曲を、それぞれAIに学習させ、曲が作られた...... >

27歳で亡くなったアーティストたちの曲をAIが学習

かつてカリスマ的な人気を誇っていた米国のバンド、ニルヴァーナの曲をAI(人工知能)が学習し、「ニルヴァーナ風味」の新たな曲を作り出した。

ニルヴァーナは1989年にデビューし、グランジ・ロックの代名詞となったが、1994年にボーカルのカート・コバーンが27歳の若さで自殺し、解散したバンドだ。

そのニルヴァーナの曲を書いていたコバーンの特徴をAIに学習させ、ニルヴァーナ風の曲『Drowned in the Sun』(太陽に溺れて)が作られた。

AIに曲を学習させたのは、音楽業界のメンタルヘルスに関する問題を扱うカナダの非営利団体オーバー・ザ・ブリッジだ。ニルヴァーナの他、同じく27歳で亡くなったジム・モリソンや、エイミー・ワインハウス、ジミ・ヘンドリックスの曲をAIに学習させた。

これらは、『The Roads Are Alive』(ドアーズから学習)、『Man, I know』(ワインハウスから学習)、『You're Gonna Kill Me』(ヘンドリックスから学習)として、同団体が手掛けるプロジェクトのアルバム『ロスト・テープス・オブ・ザ・27クラブ』に『Drowned in the Sun』と共に収録され、現在、スポティファイユーチューブで公開されている。

アルバムはメンタルヘルスの問題の啓発が目的で、販売の予定はないという。

(ニルヴァーナから学習)Drowned in the Sun - Lost Tapes of the 27 Club
(ドアーズから学習) "The roads are alive"
(エイミー・ワインハウスから学習)Man, I Know - Lost Tapes of the 27 Club
(ジミ・ヘンドリックスから学習)『You're Gonna Kill Me』

不可解なニルヴァーナの歌詞はAIの得意技?

一連の楽曲を作ったのは、グーグルのAIプログラム「マゼンタ」だ。2016年に始動したオープンソースのプロジェクトで、機械学習を用いて芸術や音楽を創作することを目標にしている。

オーバー・ザ・ブリッジのショーン・オコナーが米ローリング・ストーン誌に語った話によると、まず、それぞれのアーティストの曲について、サビ、ソロ、ボーカル・メロディ、リズムをバラバラに分解したものを、20~30曲ほどAIに聴かせた。それをAIが分析し、音を作るというプロセスだったという。

オコナーによると、ある程度まとまった量のリフ(コード進行やメロディ)を学習させると、AIはそこから5分ほどのリフを作り出すが、90%は聞くに堪えない音だという。その中から、実際に人間が聞いて、良さそうな部分を見つける、という作業を重ねていった。1曲を作り上げるまでに、マゼンタの技術者やオーディオ・エンジニア、音楽プロデューサーなどかなりの人手がかかっている。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

台湾、新型コロナ感染者が過去最多の16人 総統も警

ワールド

米アマゾン、2.5億ユーロの追徴課税巡りEU裁で勝

ビジネス

「心痛む」と五輪スポンサーのトヨタ幹部、選手に出場

ビジネス

ソフトバンクG、前期利益は世界2位 孫会長「満足し

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 2

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 6

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 10

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月