最新記事

SNS

ツイッター出禁のトランプが自前のソーシャルメディアを立ち上げる

Trump Launching New Social Media Platform to 'Redefine the Game': Adviser

2021年3月22日(月)17時16分
ジェイソン・レモン

やっぱり黙っているのには耐えられなかった?トランプ前大統領 Octavio Jones-REUTERS

<何物にも「忖度なく」、どんなフェイクニュースもまかり通るSNSをトランプ支持者が熱烈歓迎?>

アメリカのドナルド・トランプ前大統領が自前のソーシャルメディアを「2〜3カ月以内に」立ち上げる意向であることが明らかになった。

昨年の大統領選でトランプ陣営の幹部を務めたジェーソン・ミラーが21日、FOXニュースとのインタビューで明らかにした。

1月6日にトランプ支持者が米連邦議会を襲撃した事件を受け、ツイッターはトランプのアカウントを永久凍結。また、フェイスブックやユーチューブといった他の大手ソーシャルメディアからもトランプは締め出されている。

「(前)大統領がしばらくの間、ソーシャルメディアから姿を消して面白いことになった。というのも以前のツイートより(最近の)プレスリリースや声明のほうがよっぽど報道されている」とミラーは述べた(大手ソーシャルメディアからの追放がトランプの言論の自由を脅かしているという支持者らの主張と矛盾した話だが)。

「たぶん2〜3カ月くらいのうちにわれわれは、トランプ(前)大統領のソーシャルメディアへの復帰を目にすることになるだろう。彼自身のプラットフォームでだ」とミラーは述べた。

「大ヒット間違いなし」と側近

ミラーはこのトランプ版ソーシャルメディアについて「大人気を博すだろう」と述べるとともに、業界に根本的な変化をもたらすと主張。「誰もがトランプ大統領の言動をつぶさに見ようと待ちかまえることだろう」と語った。

ミラーはまた、「(ソーシャルメディアを)立ち上げれば大規模なものになるだろう」と述べ、すでに複数の企業と「精力的な打ち合せを何度も行ってきた」と語った。

「新しいプラットフォームは大きく成長するだろうし、誰もが彼(トランプ)を待っている。彼は何千万もの人々を新しいプラットフォームに招き寄せるだろう」とミラーは述べた。

本誌がミラーにコメントを求めたところ、現時点ではこれ以上の詳細を明らかにすることはできないと回答があった。

これとは別に、トランプの熱烈な支持者であるマイク・リンデル(枕メーカーを経営する実業家だ)は、新しいソーシャルメディアを立ち上げると発表した。リンデルも他の一部の保守派の有名人と同様、大統領選で「不正」があったとか、トランプの勝利が「盗まれた」といった根拠のない陰謀論を主張し続けたことから大手ソーシャルメディアから締め出されている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル、1週間で4回の高頻度

ビジネス

アングル:仮想通貨で「一発逆転」、南アの若者が追う

ワールド

アングル:バイデン氏「アドリブ発言」、失言と断定で

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月