最新記事

事件

見逃されたアラート アメリカ議事堂暴動を許した警備の「死角」

2021年1月8日(金)19時35分

写真は6日、米連邦議会議事堂に侵入したトランプ氏支持者ら(2021年 ロイター/Shannon Stapleton)

トランプ米大統領の支持者が6日に暴徒化し、警官隊を押しのけて連邦議会議事堂に乱入した。その結果生まれた流血を伴う大混乱について複数の司法・警察関係者は、警備態勢の準備が最悪だったと指摘している。

現役あるいはかつての司法・警察などの関係者によると、大統領就任式のような大きな行事の場合、さまざまな治安機関が念入りに警備計画を練り上げるが、11月の大統領選挙結果を議会が正式認定する1月6日の上下両院合同会議は、いつもは地味な存在で、今回もそこまで緻密な警備が整えられないまま開催された。

しかし、トランプ氏の「選挙は盗まれた」という根拠のない主張で気分を高揚させた過激な一部支持者らについては、暴力行為に走る可能性を示す明らかな兆候が事前に幾つもあった。

議会警察、暴動の懸念あっても応援要請せず

事件の初期の段階まで、警備対応は議会警察にほぼすべて任されていた。議会警察は2000人から成り、議事堂警備の専門組織だ。他の連邦政府の治安部隊が現場に到着したのは、乱入者が議事堂内部を占拠してから数時間が経過してからだ。

乱入が始まる直前には議事堂のすぐ近くで、大統領選に異議を唱える集会を開いたトランプ氏が演説。投票の発表結果について「われわれの民主主義に対するひどい攻撃」と訴えるだけでなく、支持者らに対し、議事堂まで「米国を救う行進」をしようと呼び掛けていた。

本来であれば、連邦議会による大統領選結果認定はごく形式的な手続きにすぎない。ただ今回に限ってはソーシャルメディア上で何週間も前から、トランプ氏支持者が抗議を計画していること、暴動に発展する恐れがあることが認識されていた。

関係者によると、それにもかかわらず議会警察は公共の安全維持を担当する国土安全保障省など他の連邦機関に警備の応援を事前に要請していなかった。首都ワシントン市長の要請を受けて州兵が出動したのは、議事堂の最初のバリケードが突破されてから1時間以上たった後だった。

議会警察のサンド長官は7日の声明で、今回の事件や警備計画、各種政策措置などを全面的に見直していると弁明。議会警察として、言論の自由を定めた合衆国憲法修正第1条に関するデモ活動などに対応する計画はしっかりあったとした上で、今回はそうした活動ではなく犯罪的な暴動行為だったと指摘。警察官一人一人の振る舞いは、彼らが直面した状況を踏まえれば英雄的なものだったと擁護した。

サンド氏の話では、現場の警察官は鉛でできたパイプや刺激性の化学物質などで攻撃されたもよう。民主党のティム・ライアン下院議員のビデオ会見によると、警察官は最大60人が負傷し、今も15人が入院、1人は重体に陥っている。多くは乱入者から殴打され、頭部にけがを負っているという。

7日午後、ペロシ下院議長はサンド氏の辞任を要求した。下院警備局長から辞職の申し出があったとも語った上で、「議会警察のトップは指導力が欠如していた」と批判した。他の連邦機関にも事前の警備計画を策定しなかった過ちがあるとし、責任は議会警察だけにとどまらず多くの行政機関に及ぶと強調した。

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、新STARTの5年延長を模索

ビジネス

インテル、第4四半期決算は予想超え 外部委託拡大を

ビジネス

フォード、タカタ製エアバッグ搭載の300万台リコー

ワールド

NZ中銀、指標の発表を延期 サイバー攻撃によるデー

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 9

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月