最新記事

女性問題

韓国の外タレ「さゆり」の選択「今日から私は母になる」 体外受精選んだ日本女性が儒教の国を変える

2020年11月26日(木)20時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国で芸能活動をする日本人女性さゆりさんは、体外受精で母になることを選んだ。「今日から私は母になる」と語るさゆりさん。画像は彼女のYouTubeチャンネルより

<女性の生きづらさが社会問題になっている国で、ひとりの日本人女性の行動が波紋を呼んで──>

日本では知られていなくても、海外に在住してその国で有名になりタレントとして活躍している日本人は少なくない。"さゆり"こと、藤田小百合さんもそのひとり。

米国留学中に知り合った韓国人留学生を通じて、韓国文化にハマり、2006年には韓国に留学。そして2007年韓国で大人気だった外国人女子トークショー番組「美人たちのおしゃべり」出演してからは、その不思議ちゃんキャラが韓国人にウケ、今現在も韓国でタレント活動を続けている。

そんな彼女がとったある選択が、今韓国社会に一石を投じていることをご存じだろうか?

さゆりさんは、今月4日韓国で男の子を出産した。去年の10月、生理不順を理由に産婦人科で検査を受けたところ、卵巣年齢がなんと48歳という診断結果だった。その時点で彼女は40歳。医師から今後自然妊娠する可能性の低さを説明されたときの彼女の心情を考えると心が痛む。

同年代の筆者も、この問題には何度もぶつかってきた。自分のキャリア、パートナーとの問題、迫ってくるタイムリミット。今はその気がなくても10年20年後になって後悔するのではないだろうか......。そのたびに人生の選択を強いられる気分だ。 

パートナーはいないが母になることを選択

さゆりさんの決断は早かった。「今日から私は母になる」

10月の診断から4カ月後の2月20日には日本へ帰国。未婚でパートナーもいなかった彼女は、精子バンクにて精子提供を受けて体外受精施術を受けた。

その後、3月19日に1度目の施術で見事に妊娠。彼女のYouTubeチャンネル「さゆりのVLOG」の動画を見ると、医師からは卵巣の状態や実年齢からみても「5〜7回は施術が必要だろう」と言われていたと語っている。カメラの前で妊娠検査キットを握りしめ、「妊娠した!」と喜びながら、同時に少し不安そうな複雑な表情はとてもリアルだ。

その後、お腹の中の赤ちゃんはすくすくと成長し、今月無事出産したという。出産から12日経った今月16日、彼女がインスタグラムでファンに向けて出産報告をアップすると、たちまち韓国では注目が集まった。

未婚女性が精子バンクからの精子提供で子供を産むことについて、賛否両論飛び交うだろうとは予想していたが、コメント欄を見ると「応援します!」というコメントが押し寄せている。

コメントを読むと特に若者や女性たちから多くの支持を集めているようだ。「出産は女性の選択肢の一つであり、それを一人でも選んださゆりさんはかっこいい」という意見が多い。

もちろん反対派も存在する。理由は大きく2つに分かれているように見える。特に精子バンクを利用したことについて「これが当たり前になると、エスカレートしていき、精子の選り好みが始まるのではないか? ショッピングするように良い遺伝子を求めることは、ある意味命の選択になるのでは?」という意見もあった。

ただ大部分は「離婚など理由があって仕方なく片親になるのではなく、初めから分かっていながらシングルマザーになるのはどうなのか?」「子供が欲しいというエゴなのでは?」という指摘だった。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月