最新記事

女性問題

韓国の外タレ「さゆり」の選択「今日から私は母になる」 体外受精選んだ日本女性が儒教の国を変える

2020年11月26日(木)20時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国で芸能活動をする日本人女性さゆりさんは、体外受精で母になることを選んだ。「今日から私は母になる」と語るさゆりさん。画像は彼女のYouTubeチャンネルより

<女性の生きづらさが社会問題になっている国で、ひとりの日本人女性の行動が波紋を呼んで──>

日本では知られていなくても、海外に在住してその国で有名になりタレントとして活躍している日本人は少なくない。"さゆり"こと、藤田小百合さんもそのひとり。

米国留学中に知り合った韓国人留学生を通じて、韓国文化にハマり、2006年には韓国に留学。そして2007年韓国で大人気だった外国人女子トークショー番組「美人たちのおしゃべり」出演してからは、その不思議ちゃんキャラが韓国人にウケ、今現在も韓国でタレント活動を続けている。

そんな彼女がとったある選択が、今韓国社会に一石を投じていることをご存じだろうか?

さゆりさんは、今月4日韓国で男の子を出産した。去年の10月、生理不順を理由に産婦人科で検査を受けたところ、卵巣年齢がなんと48歳という診断結果だった。その時点で彼女は40歳。医師から今後自然妊娠する可能性の低さを説明されたときの彼女の心情を考えると心が痛む。

同年代の筆者も、この問題には何度もぶつかってきた。自分のキャリア、パートナーとの問題、迫ってくるタイムリミット。今はその気がなくても10年20年後になって後悔するのではないだろうか......。そのたびに人生の選択を強いられる気分だ。 

パートナーはいないが母になることを選択

さゆりさんの決断は早かった。「今日から私は母になる」

10月の診断から4カ月後の2月20日には日本へ帰国。未婚でパートナーもいなかった彼女は、精子バンクにて精子提供を受けて体外受精施術を受けた。

その後、3月19日に1度目の施術で見事に妊娠。彼女のYouTubeチャンネル「さゆりのVLOG」の動画を見ると、医師からは卵巣の状態や実年齢からみても「5〜7回は施術が必要だろう」と言われていたと語っている。カメラの前で妊娠検査キットを握りしめ、「妊娠した!」と喜びながら、同時に少し不安そうな複雑な表情はとてもリアルだ。

その後、お腹の中の赤ちゃんはすくすくと成長し、今月無事出産したという。出産から12日経った今月16日、彼女がインスタグラムでファンに向けて出産報告をアップすると、たちまち韓国では注目が集まった。

未婚女性が精子バンクからの精子提供で子供を産むことについて、賛否両論飛び交うだろうとは予想していたが、コメント欄を見ると「応援します!」というコメントが押し寄せている。

コメントを読むと特に若者や女性たちから多くの支持を集めているようだ。「出産は女性の選択肢の一つであり、それを一人でも選んださゆりさんはかっこいい」という意見が多い。

もちろん反対派も存在する。理由は大きく2つに分かれているように見える。特に精子バンクを利用したことについて「これが当たり前になると、エスカレートしていき、精子の選り好みが始まるのではないか? ショッピングするように良い遺伝子を求めることは、ある意味命の選択になるのでは?」という意見もあった。

ただ大部分は「離婚など理由があって仕方なく片親になるのではなく、初めから分かっていながらシングルマザーになるのはどうなのか?」「子供が欲しいというエゴなのでは?」という指摘だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

核兵器使用で「深刻な結果」招く、NATOがロシアに

ビジネス

英中銀、市場が「機能不全」に陥るときのみ国債売却停

ビジネス

「不確実性に拍車かけるな」仏中銀総裁が警告、市場変

ワールド

ロシア編入投票、圧倒的多数が支持 序盤の暫定集計で

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 4

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 5

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 6

    米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日…

  • 7

    プーチンに自国を売り渡し、「戦争の共犯者」に成り…

  • 8

    プーチン動員令、国内パニックだけじゃない深刻な影響

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 9

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 5

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

  • 9

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 10

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月